2020/10/22

【中華ヒーターベスト2年目】ワークマン電熱ベストが入手できない方向けに買った中華ベスト2年目レビュー

昨年大人気だった、ワークマンのヒーターベスト(電熱ベスト)。 すでにオンライン在庫も尽きて、昨年と同じく入手困難になってきてます。   そこで昨年、代案を調べてこんな記事を書きました。   しかしコイツも入手できない状況に。 しかたないので禁断の中華ヒーターベストに手を出したわけです。 今回はこんな方向けの記事です。 中華ヒーターベストって燃えたりしないのかな?品質が怖いし長期レビューが見たいなぁ。   ですよね。こういう製品は長期レビューを見ないと信用できません。 わたしは ...

続きを読む

2020/10/17

持ち運びカヤックすべくエアフレーム1を購入した件(ブロンプトン積めるのか・・・?

折りたたみと言うフレーズにグッとくる人は多い。 かくいう私も、「折りたたみ」とか「分割式」とかを見ると反応してしまいます。 なぜなら可搬性が超上がりますし、行動の幅が劇的に広がるからです。   今回はそんな折りたたみ可能なカヤックを購入したので紹介していきます。 この記事はこんな方向けの記事。 折りたたみ式のカヤックって使ってみてどうなんだろう?エアフレーム1を検討しているけど実際のレビューが見たいなぁ   OKです。 今回も自腹購入してありますので紹介です。   自動車なし ...

続きを読む

2020/9/6

打倒ハイガー産業!アルインコのプログラムバイクAFB7219がもはやAIスピンバイクな件

アルインコという会社をご存知でしょうか。 この会社は以前から紹介してるハイガー産業と同じように、スピンバイクを販売してます。   私もスピンバイクが大好きなんで色々見てます。 でも基本的にはハイガー産業の方が 製品魅力が高いことが多いです。   しかし今回そのアルインコが、かなり衝撃的な製品を出してきました。 今回はこんな方向けの記事です。 普通のスピンバイクではなくて面白味のあるスピンバイクってないかなぁ?     OK です。 アルインコが出して来たスピンバイクがとても魅 ...

続きを読む

2020/9/4

ハイガーのスピンバイク HG-YX-5006SがリニューアルしてNEWカラーが超カッコいい件

大好きすぎて常にウォッチしているハイガー産業のスピンバイク。 自腹でも購入して毎日使っています。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   さてそんなハイガーのスピンバイクですが、以前値付けがおかしいくらい安いHG-YX-5006Sを紹介しました。   さてそのHG-YX-5006Sが、なんとリニューアルしたわけです! まぁちょっとしたリニューアルだろと思ってました。 ページを開いてみたら「おッ!!」となったので紹介です。   この記事は ...

続きを読む

2020/8/27

【ついに無音へ!】ハイガー産業から無音スピンバイク HG-Y700が発売された!

以前から愛用してるハイガー産業のスピンバイク。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   現在のコロナ下でもジムに行かずに有酸素運動できて非常に役に立ってます。   そんな最強のスピンバイクですが、またもやハイガー産業からやばいスピンバイクが出ています。   今回はこんな方向けの記事です。 スピンバイク欲しいんだけど、やっぱり音が気になる。超静かなスピンバイクが欲しい。そんなのないかな?    OK です。 自腹で購入 ...

続きを読む

wktkな考え方 ブログ運営 生活改善

【方法に注意点あり】新型肺炎10万円の特別定額給付金は 断然IphoneやAndroidスマホからの申請がラク!

新型肺炎による10万円の特別定額給付金は申込みしましたか?

私はすでに申込完了しました。

さてこの記事は申請済みをドヤるつもりではなくて、こんな方向けの記事です。

10万円の特別定額給付金はどうやって申し込むのが楽なんだろう?あと注意点とかあるのかなぁ?

OKです。

実際に私が申し込みの過程で気づいた注意点や、ラクな方法を紹介していきます

 

マイナンバーカード所有しているなら、スマホ申請が超ラク

まず最初に一番ラクな方法を紹介しておきます。

それはスマホでの申請が間違いなくラクです。

というのも、ざっくり言うと以下でカンタンに完了できるからです

①マイナンバーカードを用意する

②スマホアプリ(マイナポータル)ダウンロード

③スマホをマイナンバーカードにかざす(非接触のNFC機能で読み取り)

④個人情報を記入(住所氏名、振込先など)

おわり!\(^o^)/

信じられないくらいカンタンなのです。

どうした政府?本気出したのか?(めっちゃ誉めてる)

準備物さえ揃えれば、申請自体は5分程度で可能です。

 

 

これまでマイナンバーカードの使い道がないとか言ってすいませんでした。

間違いなく便利でした。

ちなみにスマホでの申請が楽だと言ってる理由は、パソコンでの申請だと以下のICリーダーを追加購入しないといけないから

その点、スマホ申請はいちばん安くてラク!

とは言え、ちょっとした落とし穴もあるので回避しつつ、手順を追って説明していきましょう。

 

スマホ申請:用意するものは4点

  1. マイナンバーカード
  2. マインバーカード作成時に決めた暗証番号2点【署名用電子証明書暗証番号(6桁)、券面事項入力補助用暗証番号(4桁)】⇒後述
  3. NFC対応スマホ(対象機種あり)
  4. 10万円が振込まれる際の口座通帳かキャッシュカード

この4点が必要です。

 

特に注意点が上記の2です。

ちょっと説明します。みなさん市役所でマイナンバーカード作成時にこんな紙をもらったハズ。

コレのここ↓に書いてある2つのパスワード(①と④)が必要なんです。必ず準備しましょう。

判らない人は先に市役所で確認するのもアリ。

 

手順①マイナポータルAPをダウンロード

政府作成の「スマホアプリマイナポータル」をダウンロードします。

アプリダウンロードが必要なので、IphoneとAndroidそれぞれのアプリストアでダウンロードしてください。

IPHONE利用の場合はこちら

Android利用の場合はこちら

で、対象機種外のスマホの場合、アプリのダウンロード自体ができないようになっています

コレがちょっとしたトラップ。

困った男性
ダウンロードできないからと言って、どうにかしようと粘るのは時間の無駄です(体験談)

 

ダウンロードできない場合は、対象スマホを持っている方のスマホで申請すればOK。

※1申請で数人分の申請が可能です(同世帯に限る)

ちなみに動作対象機種一覧はこちらです。

 

さてここからは具体的入力内容と、注意点を書きます

手順②アプリ内に沿ってマイナポータルへアクセスする

1:アプリ内に表示されてる下記3か所を記入する。(赤丸部分)

 

記入して最下部にある「この条件で探す」を押す。

 

2:特別定額給付金にチェックを入れる

 

「申請する」を押す⇒「OK」を押す⇒「次へ進む」を押す

 

3:動作環境チェック

赤丸の三か所にチェックを入れる

アプリなどは手順①でダウンロードしてるので、ここでは3か所にチェックを入れるだけでOK

「次へすすむ」を押す

 

4:連絡先を記入(メールアドレスか電話番号)

メールアドレスでも電話番号でも、入力はどちらか片方でOK。

今回はメールアドレスを記入しています。

 

5:申請者情報の入力(注意アリ

ここでマイナンバーカードが必要です。

「マイナンバーカードを読み取り」を押します。

このときパスワードを求められます。

このパスワードは、マイナンバーカード取得時に決めた4桁のパスワード(④券面事項入力補助用 暗証番号)を入力してください。

コレ↑の4けたの方のパスワードです\(^o^)/

 

パスワードをいれたら、マイナンバーカード読み取りをします。

カードにかざして、数秒待ちます。

読みとり完了が出たら、画面が勝手に戻るので待ちましょう。

 

戻った時には、大半の項目が自動入力されて以下の通りになってます。(個人情報箇所はモザイクかけてます)

※読み取っても氏名のカナ、郵便番号、電話番号は自動入力されないので注意。

上記は面倒ですが、自分で打ち込みましょう。

 

ちなみに同世帯で他にも申し込みたい人がいれば、ここで入力しましょう。

 

10万円のふりこみさき口座情報を入力してください。

赤の囲み部分↓を打ち込みます。

※ゆうちょの場合とそれ以外の場合で、打ち込み欄が分かれてます。

入力終われば「次へすすむ」を押す。

 

 

6:入力内容の確認画面

間違いなければ、記入不要。

「次へすすむ」を押す。

 

7:添付書類の登録

スマホのカメラ機能で振込先口座の通帳やキャッシュカードを撮影する。

注意点としては以下2点が写ってること。

・口座番号

・氏名

撮影画像をアップロードしたら、「次へすすむ」を押す

 

8:添付書類の確認

確認。同意事項を読んだら

「以上を確認・同意し、次へ」を押す

 

9:電子署名を付与(注意アリ

ちょっとわかりづらいんだけど、ここで表示される「電子署名を付与」は要約するとこういう事

電子署名を付与=”次のステップでマイナンバーカードを使って、情報を付与するよ”の意味。

他に選択肢はないので「電子署名を付与する」を押す

 

ここでまたパスワードを入力画面が出ますが、注意点ありです。

ここで入力するのは最初に打ち込んだ4桁のパスワードではなく、6桁のパスワードです

6桁(英数字)パスワードは「署名用電子証明書暗証番号」です。

間違えないように注意

 

最初に市役所でもらった書類で言うとここに記載の番号(④)ですね。

こちらは5回ミスるとロックがかかります。ロック掛かったら市役所で外してもらう必要アリです

 

 

パスワード入力後はマイナンバーカードにスマホをかざして、読み取り(スイカみたいに数秒タッチする)。

 

10:送信を実行

先ほどの電子署名の内容に問題なければ「送信する]を押して完了!

はい、あとは画面に出る表示に沿えばOK。

具体的には申請控えをメールアドレスに送ったり、PDF保存(ダウンロード)しておけば完璧です。

パスワード系のトラップさえ、注意すれば以外と簡単だね!

 

というわけで以上です!

PR

-wktkな考え方, ブログ運営, 生活改善

Copyright© Wktkこんぱす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.