2021/2/28

2021年スピンバイクのマグネット式 摩擦式(物理式)で選ぶならこのチョイスがおススメ

スピンバイクの技術革新は早い。   以前からスピンバイクを愛用して自腹購入をしているwktkです。 スピンバイクを買うときに悩まれる方が多いんですが、特に多いのがコレ。   マグネット式と摩擦式(物理負荷方式)のどちらを選ぶべきなんだろう? コレに対する答えは、2020年までは圧倒的に摩擦式(物理負荷方式)でした。   しかし2021年現在だとちょっと回答が異なります。   この問題を深堀しつつ解決していきます。   2020年までは摩擦式(物理負荷方式) ...

続きを読む

2021/2/23

【マジか】2021年 ふるさと納税でハイガーのスピンバイクHG-YX-5006Sがもらえるので急げ!

皆さんふるさと納税ってしてますか?   私は以前紹介したように、がっつりふるさと納税しています。 というのも、かなりお得な制度だからです。   詳しくはこれを読んでみてください。 さてそんなふるさと納税ですが、なんとやばいアイテム発見してしまいました。   それがこれ。 ふるさと納税でハイガースピンバイクが手に入る地域あるやん!   かなりやばいので紹介していきたいと思います。   ふるさと納税ってどんな制度?⇒超お得な制度です さて最初にふるさと納税を知 ...

続きを読む

2021/2/17

【自腹レビュー】低価格で操作性最強イヤホン 使いやすさでNUARL N6に勝るもの無し!

ここ最近の完全ワイヤレスイヤホンの進化はスゴイ。。。   完全ワイヤレスイヤホンの値段が安くなって、だいぶ浸透しましたね。 だんだんと競争も激化しています。 コレなんか低価格帯でもノイズキャンセリング機能搭載してて驚きです。   滝の爆音も騒音キャンセルできるのか?とかも試しています。   さてそんな進化がスゴイ、完全ワイヤレスイヤホン。 もはや完璧か?と思いきや実はまだ問題がありました。   それは、ワイヤレスイヤホンでの操作性ってイマイチじゃないか? という事で ...

続きを読む

2021/2/16

【実使用つかい道レビュー】リコー 360度カメラTHETA SC2はどんな時に使うのがオイシイ使い方か?

360度カメラは楽しい。   以前紹介した360度カメラのTHETA SC2。 かなり面白いのだけど、特殊なカメラであることは間違いない。   そこで今回はこんな方向けの記事 360度カメラ気になるんだけど、買っても使うかなぁ?どういうときに使うとイイんだろう?   OKです。 360度カメラを色々とつかってきた私が、この問題を深堀りしつつ解説します。   360度カメラってなに? まず360度カメラ自体を知らない人のために少し説明。   通常のカメラは広 ...

続きを読む

2021/2/15

【滝で爆音レビュー】Soundcore Life A2 NCのノイズキャンセリングで滝の爆音に勝てるか?

以前紹介したSoundcore Life A2 NC。   このイヤホンはノイズキャンセリングイヤホン。 なので、過酷な状況でもどの程度ノイズをキャンセルしてくれるのかって気になりませんか?   私はこういうのめっちゃ気になります。   そこで今回はこんな方むけの記事。 ぶっちゃけSoundcore Life A2 NCって滝のような爆音でもノイズキャンセリングできるの?   OK です。 今回も自腹購入しているので、この問題を掘り下げていきます。   S ...

続きを読む

キャンプ サイクリング ブロンプトン

【レビュー】渓流釣りやルアー釣りにTRGR(トラギア)Chibi 6810MLを6ヶ月使って折れた?

以前から何度か紹介してるTRGR CHIBI(トラギア チビ)。
ブロンプトン輪行や自転車でのサイクリングのついで用として購入しました。

しかしあまりに使い勝手が良すぎるため、レギュラー入り。

渓流に行く時なんかは大抵これです

 

そこで今回はこんな方向けの記事。

トラギアチビの長期レビューが見たい。キワモノ竿じゃないのかな?すぐ折れちゃったりしないのかな?

oK です。やもはやメインロッドの一つとして、ガンガン使ってる私が紹介していきます。

 

使ってるのはTRGR(トラギア)Chibi 6810ML

まず私が使ってるのはこれです。


硬さはML(ミディアムライト)です。
ミディアムライトという硬さがあらゆる釣りに万能。

絶妙に使いやすいです。

 

というのも私はこんな用途に使っています。

・海でのエサ釣り
・海でルアー釣り
・渓流でルアー釣り
・池、湖でルアー釣り

基本ルアー釣りで、たまに餌釣りって感じですね。

これらをこなしたい時に、TRGRのミディアムライトという硬さが本当に使いやすいです。

 

というのも1 g 程度の超軽量ルアーから15 g程度の重量のルアーまで使えちゃうから
実際に私はTRGRで2 g程度のスプーンを投げて、ヤマメを釣ったりしてます。

普通に超軽量ルアーも投げられちゃうんだから最高ですね!

 

実際にこんなルアーとかも投げてます。

 

仕舞寸法30 CM 以下で超コンパクト。

TRGR CHIBIを語るうえで欠かせないのは、圧倒的に小さい仕舞寸法。
以前にも記事していますが、30センチ以下になります。

これが最高に便利

なぜなら鞄にさっとしまえるため、超身軽なんです。

渓流なんかでは、沢を登ったり川を渡ったり。
結構険しい道を進むことが多いです。

 

実際こんな土砂崩れの道を進むことも。

こういう時に鞄にすぐしまえて、両手をフリーにして歩けるため最高です。

また出張のときにも鞄にこっそり入れておくことができます

このように超便利なので、TRGR使うを頻度がどんどん増すわけです。

 

このコンパクトさで長さ2.03 メートル

さて先ほどTRGRは超コンパクトだと言いました。

そうするとふつうは、竿の長さに影響します。

困った男性
つまり竿 の長さも短くなりがち。

 

しかしながらTRGRはなんと2.03 メートルもの長さなのです。

コンパクトと長さを両立しててすごい!

竿が長い方が、キャストする際に飛距離が伸びるのでありがたいですね。

 

激流でもルアーの操作性良し

このTRGRは渓流などの川の流れが強い場所でも、コントロールしやすい。

それを実現してるのが、この二つ。

・2.03 メートルという竿の長さ
・しなやかな強さ

折りたたみでありながら、竿自体がかなり強いです。
というのも激流の中でよく使ってますが、激流に負けず思い通りにコントロールできます。

流れが強いエリアではTRGR6810はかなり快適です

 

 

安いテレスコロッドだし折れない?

一番気になるのはこれでしょう。
テレスコロッドは折れやすい。そんなイメージがあるんじゃないでしょうか。

しかし6ヶ月ほど使ってみてますが、全然折れません
このTRGRには、ティップガードが付属しています。

私はめんどくさいのでつけず、ティップガードなしでリュックに放り込んでます。
それでもなかなか折れないです。

これはかなりの耐久性があると思っていいでしょう。

安いのに折れないテレスコロッドは、珍しくて貴重ですね

 

ガイドの欠けなんかも発生なし。なかなか優秀ですね。

 

欠点(注意点)あり

基本的に素晴らしい折りたたみ竿なんですが、欠点もあります。

欠点というか、注意点かな。

 

それは、ロッドエンドのキャップが外れやすい事。

実際、いつの間にか紛失してました。

まぁ、実運用に影響がないので良しとします。

 

 

 

まとめ

超コンパクトだし、竿としての力も十分です。
安くてなかなか折れない上に、万が一折れても買い直しがしやすい。

この価格とクオリティのバランスが素晴らしいので、本当おすすめです。

ちなみに他にも硬さがあってウルトラライトなども要検討です!

PR

-キャンプ, サイクリング, ブロンプトン

Copyright© Wktkこんぱす , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.