2021/10/7

【長期レビュー 】ブロンプトン用の鍵として ABUS のBORDO(ボルドー)5700を2年使ってみた結果【サビ・破損】

以前から愛用してるブロンプトン用の鍵。 ABUS の Bordo 5700を利用しています。 「ブロンプトンの鍵」「おすすめ」のワードで、検索されてる方が多いようですが意外と長期レビューがネット上にありません。 そこで今回はこんな方向けの記事ブロンプトン用鍵としてALBISのBordo5700が気になる。でもこういうのって長く使わないとわからない。長期利用してる人のレビューってあるのかな ? oK です。以前この記事を書きました。 ブロンプトンのおすすめ鍵はこれ一択でOK<K> それからさらに1年後の合計 ...

続きを読む

2021/9/27

【長期レビュー:6年目 】ユニクロ シームレスダウン 3年で劣化問題は実際のところ剥がれたのか?

今年も寒くなってきました。 この時期になるとそろそろ冬服のことが気になり始めます。   特に私はダウンジャケットが大好きなので、色んな新商品をこの時期にチェックします。 【購入レビュー 】2021年最新のワークマン 「洗えるフュージョンダウン REPAIR TECH ダウンフーディー」を見つけたら即買った方がよし   一方でユニクロのダウンジャケットなんかも好きです。 しかしながらユニクロのダウンジャケットといえば有名なこの問題があります。   ユニクロのシームレスダウンって ...

続きを読む

2021/9/27

【購入レビュー 】2021年最新のワークマン 「洗えるフュージョンダウン REPAIR TECH ダウンフーディー」を見つけたら即買った方がよし

今年もだんだん寒くなってきました。 ちょっと早いですが、今のうちにそろそろ検討したいことがあります。 それはこれ。ワークマンの「洗えるフュージョンダウン REPAIR TECH ダウンフーディー」(通称:新作フュージョンダウン)がこの時期、販売されるから早く買おう! そうです。 毎年冬になると入手困難になる、ワークマンのフュージョンダウン。   それがこの時期に販売されるんです。 ちなみに私は2021年版を先日購入しました。しかしその時点でもう在庫が少ない… 迷ってる暇なんかない!見つけたら即入 ...

続きを読む

2021/9/26

【短期間っぽい】rapid TRANSIT Rack(ラピッドトランジットラック)が最安価格になっている件

輪行用に最適のrapid TRANSIT Rack。 以前から紹介していますが、輪行用に rapid TRANSIT Rack は超最適なアイテムです。 【Verge N8(ヴァージュ)】TernのRapid TRANSIT Rack購入したので紹介と装着方法。<知らないと装着方法でつまづく> あまりにも素晴らしいアイテムなので、色んな車種につけたりレビューを書いています。 全般的に素晴らしいのですが、一方で問題が。困った男性rapid TRANSIT Rack って結構 お値段高い   そうな ...

続きを読む

2021/9/26

【購入レビュー】ABUのパックロッド XRFC-654ML-BF-MBがかなり使いやすい件

以前から紹介してますがベイトフィネスにはまっています。 【レビュー】渓流でのシマノ スコーピオンBFSによるベイトフィネスが最高に楽しい件   しかしベイトフィネス用のリールやロッドは何かとお値段が高い。 その結果たどり着いたのが、XRFC-654ML-BF-MBです。   そこで今回はこんな方向けの記事 XRFC-654ML-BF-MBって使い心地どうなんだろ?実際に購入したレビューを見たいな。 oKです今回も自腹購入しているので、深掘りしつつ紹介していきましょう。 XRFC-654 ...

続きを読む

ガジェット サイクリング ブロンプトン

【超かんたん】ブロンプトンのボディ(フレーム)の塗装ハゲを補修してみた(塗りなおし)

以前Twitterで載せましたが、ブロンプトンの2台目を購入しました。

で、これ以前の記事に書いた中古ロンプトン注意ポイント記事に沿って中古で購入したわけです。

 

その結果、比較的良品な英ブロンプトンが10万円以下で手に入りました

 

さてそんなブロンプトンですが、やはり若干の傷(塗装ハゲ)はあります。

そこで今回はこんな方向けの記事。

ブロンプトンのボディ(フレーム)の塗装ハゲをどうにかしたいなぁ。塗りなおせないかな?

OKです。

ブロンプトンのこの問題を解決していきましょう!

 

フレームは飛び石や、部品同士の擦れで塗装が剥げる

まぁこれは仕方ないことですが、ブロンプトンの塗装はいずれ剥げます。

というのも、走行中に飛び石があればそれで剥げるし、ケーブルワイヤーが当たったりしても剥げます。

例えば、ここです。

ワイヤーがボディに当たる部分ですが、ちょっと色が変わって剥げてます。

 

困った男性
ちょっとショック!

そしてこれはただショックなだけじゃなくて、コレを放置すると2つの問題があります。

 

塗装ハゲによる2つの問題

その問題とはコレ。

①見栄えの問題、②錆びるきっかけになる問題

この2つの問題です。

コレを防ぐために何をすれば良いか。

 

それは塗装ハゲを補修することです

カンタンに言うと塗りなおせばいいわけですね

 

ブロンプトン補修用の最適塗料はコレ!

とは言え自転車の塗装のハゲを補修するためには、塗料に対し以下条件が必要です。

・耐水性があること

・耐久性があること

・金属に対しても塗装できること

うーん、結構条件厳しい。

でも探せばあるもんです。その結果最適なのがコレです。

 

 自動車用タッチアップペン。

コイツがベストアンサーなのです。

 

そもそも車用なので耐水性や耐久性も充分。

むしろ自動車の方が雨ざらしで保管されることも多く、自転車より過酷な使われ方をします。

それをクリアしている、補修用塗料なのです。

どう考えても最適!

 

しかも、このタッチアップペンはペン先がマニュキュアの筆のようになってます。

ペンじゃなくて、タッチアップ筆だよね!(塗りやすいからコレでいいけど)

 

という事で、実際に我がブラックのブロンプトンを補修していきます。

 

ブロンプトンの塗装ハゲを確認

はい、では剥げてる箇所を補修していきます。

まず怖いので、小さい所から補修してみます。

この矢印箇所がちょっと白っぽくて塗装ハゲしてます。ここを補修します。

 

タッチアップペンを取り出して、筆先に液をつけすぎないように微調整します。

 

そして筆先で、チョンチョン、と塗装ハゲに塗料を乗せていきます。

 

そして5分程度待って、完成!

わかりますか?この赤丸位置が塗装ハゲを補修した箇所です。先端の塗装ハゲが黒くなりましたね!

これなら全然違和感ありませんね!

 

調子に乗ってもう一個くらい、やってみます。

赤丸が塗装ハゲです。

 

こいつを、塗ってみるとコレです。

わかりにくいかもですが、ちゃんと補修できました。

これは手軽だしなかなかいい!

 

今回は実験としてかなり小さいハゲを補修しました。

コレならそこそこサイズのでかい、3cmくらいのひっかき傷でも補修できそうです!

これは期待できますね!

ただデカい傷だと塗りムラができないように注意です。

 

ちなみにメガネの色剥がれにも使えていろいろ重宝します

金属に対してもしっかり塗料が固着するので、ありがたいですね。

 

まとめ

こういうラクに補修できると、ホント便利ですね。

ブロンプトンって10年くらいの長い付き合いになるパターンが多い。

塗装ハゲすぎると、錆び発生の原因にもなるし早めに対処したいところです。

タッチアップペンでさび対策もできるなんて、コスパ抜群すぎ!

 

輪行が多いと傷も増えやすいので、常備がおススメです。

ペンスタイルで液漏れしないのもGoodです。

3年使ってみたけど、全然液漏れしないし最強なのでは?

これ、マジでブロンプトン販売代理店に一緒に置くべきだと思うんだけどなぁ。。。

 

ちなみに誰でもできるブロンプトンの費用捻出方法記事も紹介してます。

PR

-ガジェット, サイクリング, ブロンプトン

Copyright© Wktkこんぱす , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.