2021/2/28

2021年スピンバイクのマグネット式 摩擦式(物理式)で選ぶならこのチョイスがおススメ

スピンバイクの技術革新は早い。   以前からスピンバイクを愛用して自腹購入をしているwktkです。 スピンバイクを買うときに悩まれる方が多いんですが、特に多いのがコレ。   マグネット式と摩擦式(物理負荷方式)のどちらを選ぶべきなんだろう? コレに対する答えは、2020年までは圧倒的に摩擦式(物理負荷方式)でした。   しかし2021年現在だとちょっと回答が異なります。   この問題を深堀しつつ解決していきます。   2020年までは摩擦式(物理負荷方式) ...

続きを読む

2021/2/23

【マジか】2021年 ふるさと納税でハイガーのスピンバイクHG-YX-5006Sがもらえるので急げ!

皆さんふるさと納税ってしてますか?   私は以前紹介したように、がっつりふるさと納税しています。 というのも、かなりお得な制度だからです。   詳しくはこれを読んでみてください。 さてそんなふるさと納税ですが、なんとやばいアイテム発見してしまいました。   それがこれ。 ふるさと納税でハイガースピンバイクが手に入る地域あるやん!   かなりやばいので紹介していきたいと思います。   ふるさと納税ってどんな制度?⇒超お得な制度です さて最初にふるさと納税を知 ...

続きを読む

2021/2/17

【自腹レビュー】低価格で操作性最強イヤホン 使いやすさでNUARL N6に勝るもの無し!

ここ最近の完全ワイヤレスイヤホンの進化はスゴイ。。。   完全ワイヤレスイヤホンの値段が安くなって、だいぶ浸透しましたね。 だんだんと競争も激化しています。 コレなんか低価格帯でもノイズキャンセリング機能搭載してて驚きです。   滝の爆音も騒音キャンセルできるのか?とかも試しています。   さてそんな進化がスゴイ、完全ワイヤレスイヤホン。 もはや完璧か?と思いきや実はまだ問題がありました。   それは、ワイヤレスイヤホンでの操作性ってイマイチじゃないか? という事で ...

続きを読む

2021/2/16

【実使用つかい道レビュー】リコー 360度カメラTHETA SC2はどんな時に使うのがオイシイ使い方か?

360度カメラは楽しい。   以前紹介した360度カメラのTHETA SC2。 かなり面白いのだけど、特殊なカメラであることは間違いない。   そこで今回はこんな方向けの記事 360度カメラ気になるんだけど、買っても使うかなぁ?どういうときに使うとイイんだろう?   OKです。 360度カメラを色々とつかってきた私が、この問題を深堀りしつつ解説します。   360度カメラってなに? まず360度カメラ自体を知らない人のために少し説明。   通常のカメラは広 ...

続きを読む

2021/2/15

【滝で爆音レビュー】Soundcore Life A2 NCのノイズキャンセリングで滝の爆音に勝てるか?

以前紹介したSoundcore Life A2 NC。   このイヤホンはノイズキャンセリングイヤホン。 なので、過酷な状況でもどの程度ノイズをキャンセルしてくれるのかって気になりませんか?   私はこういうのめっちゃ気になります。   そこで今回はこんな方むけの記事。 ぶっちゃけSoundcore Life A2 NCって滝のような爆音でもノイズキャンセリングできるの?   OK です。 今回も自腹購入しているので、この問題を掘り下げていきます。   S ...

続きを読む

ガジェット キャンプ サイクリング

【レビュー】渓流でのシマノ スコーピオンBFSによるベイトフィネスが最高に楽しい件

普段ミニベロの記事ばかりですが、渓流イワナ狙いでルアーフィッシングもよくやってます。

ミニベロで走って、渓流まで行き、釣りを楽しむ。

 

こういう最高の組み合わせを楽しんでるわけです。

さて、今回はロードバイク界隈では有名な「シマノ」が発売しているリール、スコーピオンBFSが超素晴らしかったので紹介です。

 

この記事はこんな方向けの記事です。

ロードバイクでシマノは有名だけど、釣り具でのシマノってホントにすごいの?

または、

スコーピオンBFSの購入で迷ってるんだけど、本当に軽量ルアーなげられるのかなぁ?

 

OKです。

ルアー釣り歴15年の私が自腹購入しているので紹介していきましょう。

 

釣り具ではシマノはどんな立ち位置?

本ブログの読者はロードバイクやミニベロ界隈が多いかと思うので、少しだけ説明。

釣り具においてシマノは世界的なブランド。

釣り具業界において世界シェア第3位です。

国内市場じゃなくて世界シェアですからね!すごい!

 

今回はそんな世界シェア3位のシマノが、本気をだして発売してきた「スコーピオンBFS」についての紹介です。

 

コレですね。

では紹介していきます。

 

スコーピオンBFSはどのように使ってる?

私は渓流で使ってます。

先日も渓流でスコーピオンBFS1本で1日投げてきました。

 

で、それによりわかったことはコレ。

スコーピオンBFS1本でもういいじゃん

そうなんですよ。

 

もはやコレがあれば渓流で使うルアーには十分な気がしています

実際にどんなルアーが投げられたでしょうか。

 

スコーピオンBFSで3gスピナーが投げられる!

スピナーとはコレですね。

こういう超軽量クラスのルアーがバックラッシュ(糸がらみ)無しに投げられる。

コレは従来考えられなかったことです。

 

私は初代スコーピオンの頃から知ってますが、20年前と比べ技術進歩はマジで半端ない。

めちゃめちゃ未来にきた感を感じました

 

スピナーと言うルアーは構造上、回転による糸よれが発生しやすい。

そのためベイトリールで投げたかったわけです。

 

それがこのスコーピオンBFSでかなえられる

ここ最近で一番驚きましたね。

 

デザインかなり良し!

スコーピオンBFSはデザインもかなり良い。

エッジが際立っていて、カッコいい

ちなみに竿は超コンパクトになるコレです。

この竿、安価なのに使がって良すぎて最高です。

 

さらにこのドラグ周りの配色が高級感があります。

上位モデルとしてアルデバランBFSがあります。

 

でもこれよりも、スコーピオンBFSの方が色味に一体感があるんですよ。

ドラグ周りはシルバーよりもブラックの方が「カスタムしている感」でてカッコいい!

 

買ってよかった?⇒非常に満足!

表題の通りですが、超満足しています

というのも評価がコレ。

実用性=◎

所有欲=◎

コスパ=◎

感動 =◎

 

もうね、やばすぎるんですよ。

さすが世界のシマノですわ。

 

ここまで完成度高いのに、金額が安いですからね。

正直上位モデルのアルデバランBFS買わずに、スコーピオンBFSでええやん

と感じてますからね。

 

シマノさん、昔からある「スコーピオン」シリーズを愛している気持ちがヒシヒシと伝わってきますわ。

 

とはいえ、スコーピオンBFSもちょっとだけダメな点があります。

それがコレ。

 

スコーピオンBFSのマグネットブレーキ硬すぎ

スコーピオンBFSはマグネットブレーキを採用しています。

このダイヤルですね。

コイツは使うルアーの重さに応じて、調節する必要があります。

このマニュアル感は好き

 

でも、こいつを回そうとすると感じる事があります。

それは

ダイヤル硬すぎて回すの大変すぎ!

 

そうなんですよ、なぜかダイアルがかなり重い

最初使ったとき、ダイアル壊れてる?と思ったほど。

 

でも安心して下さい。

使ってるうちに少し軽くなります

もう少しダイアル軽くするか、回しやすい形状に変えてもイイかもなぁ

こういうちょっと気になる点はありますが、上位モデルでもこの状況は一緒。

 

なので、シマノはダイアルをガッチガチにするポリシーのようです。

まぁモノ自体はイイし、ゆるゆるよりマシ

 

まとめ

ちょっとした気になる点はありますが、スコーピオンBFSは超優秀マシンです。

さすがシマノが世界に誇るリールです。

渓流で2gクラスの軽量ルアー使うのに何ら問題ないし、何と言っても楽しい。

スコーピオンBFSはキャストしてて超楽しいのがイイよね。

 

スピニングとは違う楽しさです。

より主体的に楽しむ釣りという感じですね。

渓流でおススメルアーは以前紹介しているコレです。

ちなみにスコーピオンBFSで全部投げられます。

この組み合わせで渓流シーズンを楽しみたいですね!

 

渓流でキャンプするのも最高ですよ!

PR

-ガジェット, キャンプ, サイクリング

Copyright© Wktkこんぱす , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.