2021/5/9

【ド級の高額】超高級キーボードHHKB(ハッピーハックキーボード)を実際に買ってみたレビュー

道具に対しては惜しみない投資をするようにしています。 特に以前から、キーボード関連ではかなりいろんなものを試しています。   そんななか、ず-っと気になっていたのがHHKB(ハッピーハックキーボード)です。 一件なんの変哲もなさそうなキーボード。 なのに超高額。   キーボードでこんな高額品を買うやつは頭がおかしい。。。。 そう思って避けてました。   そこで今回はこんな方向けの記事です。 HHKB高すぎるんだよなぁ。実際に自腹購入した人の記事が読みたいなぁ?   ...

続きを読む

2021/5/8

【購入レビュー】TERN Link A7を買ってみて気に入っているポイント①

TERN Link a7を以前購入したという記事を書きました。 これしばらく使ってみて、めっちゃ気に入ってるポイントがあります。   そこで今回はこんな方向けの記事です。 TERN Link a7の購入で迷っている。本当に買って満足できるかなぁ?   OKです。 今回も自腹購入していますので、紹介していきます。   TERN LINK A7はこんな折りたたみ自転車 まず最初にどんな自転車かを紹介します。 購入したのはこれです。 リンク この折りたたみ自転車、一見ふつうです。 ...

続きを読む

2021/4/29

【ロマンで購入】スコーピオンBFSとアルデバランBFSを比較するなら断然こっちだろ・・・!

熱い三流なら上等よ・・・! このセリフは漫画「アカギ」での銘セリフ。   この言葉はシマノが誇るリール、スコーピオンBFSとアルデバランBFSでどっちを買うべきか迷う釣り人たちに光明を与える至言(しげん)です。   さてこの記事はこんな方向けの記事です。 スコーピオンBFSとアルデバランBFSのどっちを買えばいいんだろう。とても迷ってなかなか決められない!   うーん、よくわかります。 なんかこの2つのリールは、結構キャラ被ってるんです。   そこでこの問題を深堀し ...

続きを読む

2021/5/8

【どっちも自腹購入】TERN社のVERGEやLINKを買ったのに、ブロンプトンを買いたくなってるあなたへ捧げる

く、悔しい・・・・ ブロンプトンの値段の高さに圧倒され、TERNのミニベロを選んだあなた。   しかし時の経過とともにブロンプトンがもつ、転がし輪行の圧倒的メリットを知り、泣き崩れる。 大都会のビルの谷間。無情な雨粒があなたを打つ・・・ ・・・涙をお拭きなさい。解決策はあります。 差し出されるハンカチ。。。   ~プロローグ~ 初めて本格的な折りたたみ自転車を買うときにTERNを選ぶユーザーは多い。 それもそのはず。 お値段がお買い得なのです。   しかし転がし輪行の圧倒的な ...

続きを読む

2021/4/3

【ブロンプトンやその他ミニベロ】輪行をラクにするためのアイテムまとめ

輪行は超たのしい。それは間違いない。   でもちょっと大変でもあります。 実はこう思ってませんか?   もうちょっとラクに輪行したなぁ・・・   そこで今回はこんな方向けの記事です。 輪行をラクにするためのアイテムを知りたい!そしてラクしたいけど方法ないかなぁ?   OKです。 全輪行ユーザーの悲願である輪行をラクにする方法を紹介していきます。   キャリーカート まず圧倒的にキャリーカートが便利です。 リンク   というのも、転がし輪行が可能に ...

続きを読む

サイクリング ブロンプトン

■ブロンプトン 旅についての現実を教える

「ブロンプトン」、「旅」で検索している方が多いようです。よくわかります憧れですよね。

自転車旅ってやつは。

特にイギリス製ブロンプトン優雅に旅をするって。

 

そこでブロンプトンを輪行しまくっている私が、実際やってみて判明したブロンプトン旅のリアルを書いていきたいと思います

というわけで「ブロンプトン」「旅」を深彫りしつつ書いていきます。

 

関連記事

ブロンプトン旅のリアル

最初に書いておくと、これがリアルな感想かなと思います。

①電車での持ち運びは許容範囲
②積載能力は最高クラス
③旅先では意外と取り回しに苦労する<工夫次第>
④冒険感は半端ない
⑤ロングライドやヒルクライムは可能。ただし要カスタム

というわけでそれぞれについて解説していきましょうかね。

 

①電車での持ち運びはギリギリ許容範囲

ブロンプトンの最大の特徴は折りたたみにより非常に小さくなることです。

折り畳み界最強クラスの性能です。それは誰しもうなずく事実。

じゃあ輪行が快適かといわれると、わりと微妙だったりします

 

例えば電車での輪行。

ロードバイクの輪行に比べれば圧倒的に楽。

でもあれは個人的には「手荷物としてほぼアウトだけど、他の人のやさしさでかろうじて許されてる」という感じです。

 

例えば激混みの埼京線とか、新宿とかではロードバイク輪行できませんからね。雰囲気的に。

さてではブロンプトンはどうでしょうか。

 

たためばこのサイズになります。

これならちょっと大きめのキャリーバック程度ですね。

イメージとしては海外を5~6日旅行するときの中くらいキャリーバック程度です。

 

まぁこれなら持ち運べますね。邪魔ではありますが許容範囲です。

埼京線でも新宿でもこれなら電車に乗れるでしょう。

 

②積載能力は最高クラス

非常に多くの荷物を積むことが可能です。

この写真は静岡に輪行旅に行った時のものです。

後ろにはイチゴを箱買いし、前には30リットル級のリュックを載せています。

これほどに積載能力のあるミニベロは他にありません。

ここまで載せられると、「乗車できるキャリーカート」だとすら思います。

荷物の多くなりがちな旅で、ブロンプトンを選ぶのはなかなか合理的な判断かもしれません。

 

③旅先では意外と取り回しに苦労する<でも工夫次第>

良いことばかりではありません。

ブロンプトンはコンパクトになりますが重いのです。鉄の塊です。

ちょっとした段差や、階段などでは遠回りしてエレベーターを使うか持ち上げるかの二択を迫られます。

こういう段差は辛すぎ/(^o^)\

持ち上げるのは気合を要します。そういった意味で取り回しの苦労があります。

また盗難にも気を配る必要があります

常にしっかりと鍵をかけて、なるべく長時間の駐輪は避けるようになります。

 

そうすると結構手間で、旅行の40%くらいがブロンプトンの世話を焼くことになるイメージです。
手がかかるやつですねまったく(愛)

④冒険感は半端ない

旅先では公共交通機関で名所をまわる人が多い。でも名所って意外と全国似たようなもんなんですよね。

見たことがない風景や景色が見たくて旅行しているのに、似たような観光名所では期待外れです。

あれ?どこかで見たことがあるような・・・・

そんなことがよくあります

 

しかし名所までの道をブロンプトンで走ると話は変わってきます。
見たことがない景色や名もない絶景、珍スポット等に出会うことができます。

例えば私が見つけた珍スポット。

これは↓名もなきカエルそっくりな巨石です。

コケが岩に張り付いて絶妙にカエルっぽい

 

観光本にも乗ってなく面白い(と自分が感じるエリア)。

こういった「自分の感性で好きな場所を発見できる」という意味で冒険感がすごいのです。

 

また、どの道が正しいルートなのかわからないというのも心を高揚させます。

「この道をいったらどんな景色が広がっているんだろう・・・・」というフルパワーで過ごしていた少年時代の心がカムバックします

 

⑤ロングライドやヒルクライムは可能。ただし要カスタム

ブロンプトンはロングライドに向かない?-NO
ブロンプトンはヒルクライムできない?-NO

どちらも十分可能です。ただし要カスタムです。

標準装備でもできないことはないですが快適とは言えません。

ブロンプトンは標準装備が完成形とよく言われますが、それにとらわれる必要はありません。
使いやすいようにカスタムすればいいのです

ロングライドとヒルクライム向けにカスタムしたいなら、ドロップハンドル化は超簡単だしおすすめです。

詳しくはこの記事を読んでみてください。

 

色んな車種につけて試しています(笑)

下ハンドルがあるだけで激坂もしっかり下ハンドルを握って登れるし、平地では前傾姿勢になり高速巡行が可能になります。

金額も安く、カスタム時間も10分程度なのでカスタムしない理由は特にないかと思います。

 

 

それでは、みなさんブロンプトンでよい旅を。

PR

-サイクリング, ブロンプトン

Copyright© Wktkこんぱす , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.