2022/3/2

リコー THETA X(シータX)ついにあの360度カメラが期待のアレ対応!これなら高満足度イけるで!

どうもwktkです。 リコーのTheta(シータ)というカメラをご存知でしょうか。コレは360°の撮影ができるかなり際立ったカメラです。 このシリーズかなり面白くて、以前から注目しています。 リコー 360度カメラTHETA SC2があるブロンプトンライドは1ライド2度おいしい!【PR】 そこで今回はこんな方向けの記事。リコーの360度カメラ、シータの新機種がまた出るらしいんだけど、期待できるのかなぁ? OK です。この問題を深堀りしつつ解説しましょう。   RICOH THETA ってこんなカ ...

続きを読む

2022/2/27

【少ない】部屋に置きたいデザインがオシャレ&かっこいいスピンバイクまとめ

どうも、自転車大好き wktk です。 自転車大好きすぎてスピンバイクなんかもハマっています。 スピンバイクは安いとは言えない。でもおすすめする価値は十分にある理由   スピンバイクのデザインはメーカーごとに千差万別。 しかしほとんどのメーカーにいえる事がコレ。 なんかデザインがゴチャゴチャしている製品多くない?      そこで今回はこんな方向けの記事 部屋に置いてもインテリアとして映える。そんなオシャレでかっこいいスピンバイクが欲しいなぁ。 oK です。スピンバイクを自腹 ...

続きを読む

2022/3/1

ハイガー産業HG-YX-5006は他のスピンバイクと比べてどこがオススメか。

どうもスピンバイク大好きワクテカです。 大好きすぎて、自腹で購入し手ウォッチしまくっています。 スピンバイクは安いとは言えない。でもおすすめする価値は十分にある理由     そこで今回はこんな方向けの記事。スピンバイクのHG-YX-5006は他のスピンバイクと比べてどんな点がオススメなんだろう? oK です。スピンバイクを自腹購入している私が、深堀りしつつ解説します。 HG-YX-5006はこんなスピンバイク。 まずこれがHG-YX-5006。 スピンバイク デジタル計測付き \1年保 ...

続きを読む

2022/2/26

【寒さ対策】ヘリノックスチェア用の電熱ヒーター売ってるやん!冬アウトドアキャンプ向け!

寒いけどキャンプがしたい。。。 冬キャンプは寒いけど、魅力があります。   何と言うか凛とした寒さが心地良いんです。 とは言えども、それが長時間になると話が変わってきます。 困った男性さ、さむすぎる・・・・!   そう、当たり前ですが真冬の寒さは半端ない。 真冬の寒さの前ではオシャレもカッコよさも吹っ飛ぶのです。   じゃあ冬キャンプは諦めないといけないのか?と言われるとそうではありません。 そこで今回はこんな方向けの記事 冬キャンプは準備とか動き回ってるときは暖かいんだけど ...

続きを読む

2022/2/24

ハリークインの電動自転車portable e bikeは評判期待できる。ジェネリック電動ブロンプトンだろ。

どうも折りたたみ自転車大好き wktk です 折りたたみ自転車大好きすぎて、折りたたみミニベロを検証しまくっています 【レビュー】20 インチ折りたたみ自転車 TERN LINK B8に乗ってみたけどオススメできるか?   【レビュー】ルノー20インチ 折り畳み自転車 PLATINUM MACH9(プラチナマッハ9)に乗ったら、走りヨシ、デザイン超ヨシ、価格ヨシ! さて、そんな私が以前紹介したハリークイーンの Portable e bike 【レビュー】電動アシスト ハリークイン portabl ...

続きを読む

wktkな考え方 お得 ワークマン 生活改善 買ってよかった

【Workman vs UNIQLO 】ワークマンのフュージョンダウンとユニクロのシームレスダウン、どちらが暖かくておすすめか?

この時期になると、ダウンジャケットが手放せないですよね。

ダウンジャケットの進化は目覚ましく、低価格帯でありながら優秀なダウンジャケットがどんどん出てきています。

その筆頭となるのが、ユニクロとワークマン

ユニクロシームレスダウンで有名だし、ワークマンはフュージョンダウンで有名です。

さてそうなるとこんな疑問が。

ワークマンとユニクロどっちのダウンを買えばいいんだろう?

oK です。
今回はこの問題を深堀りしつつ解決していきましょう。

ちなみに私はどっちも自腹で買っています。

 

シームレスダウンと フュージョンダウンってなに?

知ららない方もいると思いますのでちょっと解説しておきます。

それぞれカンタンに説明しておきます。

シームレスダウンはユニクロが発売してるダウンジャケット。


名前の通りシーム(縫い目)が無いことが特徴

そのため防水性に優れ、風も通しにくいのです。
ちなみにお値段は12900円

近年ずっと人気のダウンジャケットですね。

 

お次はワークマンのダウンジャケットの紹介。

フュージョンダウンはワークマンが発売してるダウンジャケット

このダウンジャケットは、生地に穴が開いても自ら修復しダウンが飛び出しにくいというのが特徴です。

また家庭で洗濯もできるのも特徴で、とにかく実用面での使い勝手がいいのです。

お値段は3900円

2020年頃に突如出現し、あまりの安さで市場に衝撃を与えたダウンジャケットですね。

 

ということでこの二つが今回のダウンジャケット達です。

この二つのダウンジャケットどちらがおすすめなのか。

それぞれ深掘りしていきましょう。

 

ポイントは4点あります。

ポイント① 暖かさ

ダウンジャケットで最も気になるのは暖かさでしょう。

熱

実際に両方着用してみると、暖かさにはやっぱり多少の差があります。

 

個人的に暖かいと思うのはユニクロのシームレスダウン

中綿がダウン90%、フェザー10%と惜しげもなく入ってるのがかなり強い。

最強スペックに近い暖かさなのです。

 

一方フュージョンダウンはダウン45%、フェザー5%、ポリエステル40%、アクリル10%。

 

ダウンとフェザーの配合比率がユニクロとワークマンでは大分違うんですね。

着てみるとこの差は、確かにややありますね。

 

とはいえワークマンも裏地にアルミプリントしていたり、暖かさに工夫をしています。

そのおかげで、暖かさは結構接戦ではあります。

しかし比較でどちらが暖かいか?というなら、ユニクロシームレスダウンが僅差で暖かいといえます。

暖かさはユニクロの勝利

 

ポイント②デザイン面

ダウンジャケットはアウターです。
そのためデザイン面も当然気になりますよね。

それぞれデザインを改めて見てみましょう。
まだユニクロシームレスダウン。

 

次はワークマンのフュージョンダウン。

結構似てますね。これはもう好み次第かと思います。

正直どっちもかなりカッコいいのです。

 

どっちを着てもスタイリッシュ。

昔のダウンジャケットによくあった野暮ったさがどちらも全然ない。

 

マジでいい時代になりましたね。

どちらのデザインも着ていて全く恥ずかしくありません。

それどころか、むしろ積極的に着たいレベルです

 

なのでどちらを選んでも後悔はないでしょうね。

デザイン面は引き分け

ポイント③金額面

ついに来ました金額面。


なぜ「ついに来たか」と言うと、このポイントにはユニクロとワークマンでかなりの差があります
これを見てください。

ユニクロのシームレスダウンの価格  →12900円
ワークマンのフュージョンダウンの価格→3980円

え!?この差はかなりでかいよ

そうなんです、ここまで接戦をしていたワークマンのフュージョンダウン。

 

実はユニクロに比べて、ワークマンは非常に安いのでした

12900円と3900円。
その差はおよそ9000円。。。。

正直このポイントにおいてはワークマンの圧勝です。

ワークマン凄すぎるでしょ!!!

そう、これほど安かったので昨年ダウンジャケット市場を騒がせたのです。

しかもよく見ると税込み。ただでさえ安いのにさらに税込みだと!?

いやーこの金額でダウンジャケットを出してくるなんて本当に驚異的ですね。

 

これまでワークマンは、驚くべきアイテムをどんどん出してきていました。



ダウンジャケットでもそれを実現してきたわけですね。

金額面はワークマンの圧倒的勝利

ポイント④耐久性面

最後は耐久性についてです。

実はダウンジャケットにおいて耐久性は一悶着あるポイントです。

 

というのもユニクロのシームレスダウンは、なんと耐久性3年程度と言われています。

3年とか短すぎじゃない?

はい、私もそう思います。
でも確かにユニクロのシームレスダウンのタグにそう書いてあるのです。

まじやん。。。

そこで私も気になっており、この件をレビュー記事を書いています。

しかしこのレビュー記事で予想に反し、意外と耐久性あるんじゃないかとも感じます。

まぁ詳しくは記事を読んでください。

とはいえ公称値で3年はかなり心配ではあります。

 

一方ワークマンのフュージョンダウン。


こちらは特に耐久性では問題なさそうです。

むしろ、生地に穴が開いても自己修復するのがフュージョンダウンであり、耐久性はかなり高そうです。

これはかなり期待できそうですね

耐久性を心配するなら明らかにワークマンの方がいいでしょうね。

万が一破けたりしても、値段が安いからすぐ買いなおせますし。。

 

さて結果は・・・

耐久性面はワークマンの勝利(ユニクロは今後も要監視)

 

トータル結果発表!

というわけでダウンジャケット勝負はこのような結果になりました。

ユニクロ:1勝、ワークマン2勝、引き分け1

この結果を要約するとコレです

とにかく暖かさを取るならユニクロ一択。
その他の実用面や実利を取るならワークマン。

これが結論ですね。

よろこぶ


そのため私が1着しか買えない状況なら、こうします。

①ワークマンのフュージョンダウンが在庫あればそちらを購入。
②すでにワークマンが入手困難ならユニクロのシームレスダウンを買う。

このような優先順位で購入するでしょう。

私はレビューのために両方買いましたが、どちらか一つで充分冬を越せます。

 

まとめ

どちらも優れたダウンジャケットです。

今回比較させましたが、どっちを買っても寒すぎて冬が越せない!なんてことは起きません

今回比較したポイント面を見比べて、自分にとってどっちが重要かという観点から選んでいきましょう!

その他ワークマンやユニクロの記事いろいろ書いてます




PR

-wktkな考え方, お得, ワークマン, 生活改善, 買ってよかった

Copyright© Wktkこんぱす , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.