2021/2/28

2021年スピンバイクのマグネット式 摩擦式(物理式)で選ぶならこのチョイスがおススメ

スピンバイクの技術革新は早い。   以前からスピンバイクを愛用して自腹購入をしているwktkです。 スピンバイクを買うときに悩まれる方が多いんですが、特に多いのがコレ。   マグネット式と摩擦式(物理負荷方式)のどちらを選ぶべきなんだろう? コレに対する答えは、2020年までは圧倒的に摩擦式(物理負荷方式)でした。   しかし2021年現在だとちょっと回答が異なります。   この問題を深堀しつつ解決していきます。   2020年までは摩擦式(物理負荷方式) ...

続きを読む

2021/2/23

【マジか】2021年 ふるさと納税でハイガーのスピンバイクHG-YX-5006Sがもらえるので急げ!

皆さんふるさと納税ってしてますか?   私は以前紹介したように、がっつりふるさと納税しています。 というのも、かなりお得な制度だからです。   詳しくはこれを読んでみてください。 さてそんなふるさと納税ですが、なんとやばいアイテム発見してしまいました。   それがこれ。 ふるさと納税でハイガースピンバイクが手に入る地域あるやん!   かなりやばいので紹介していきたいと思います。   ふるさと納税ってどんな制度?⇒超お得な制度です さて最初にふるさと納税を知 ...

続きを読む

2021/2/17

【自腹レビュー】低価格で操作性最強イヤホン 使いやすさでNUARL N6に勝るもの無し!

ここ最近の完全ワイヤレスイヤホンの進化はスゴイ。。。   完全ワイヤレスイヤホンの値段が安くなって、だいぶ浸透しましたね。 だんだんと競争も激化しています。 コレなんか低価格帯でもノイズキャンセリング機能搭載してて驚きです。   滝の爆音も騒音キャンセルできるのか?とかも試しています。   さてそんな進化がスゴイ、完全ワイヤレスイヤホン。 もはや完璧か?と思いきや実はまだ問題がありました。   それは、ワイヤレスイヤホンでの操作性ってイマイチじゃないか? という事で ...

続きを読む

2021/2/16

【実使用つかい道レビュー】リコー 360度カメラTHETA SC2はどんな時に使うのがオイシイ使い方か?

360度カメラは楽しい。   以前紹介した360度カメラのTHETA SC2。 かなり面白いのだけど、特殊なカメラであることは間違いない。   そこで今回はこんな方向けの記事 360度カメラ気になるんだけど、買っても使うかなぁ?どういうときに使うとイイんだろう?   OKです。 360度カメラを色々とつかってきた私が、この問題を深堀りしつつ解説します。   360度カメラってなに? まず360度カメラ自体を知らない人のために少し説明。   通常のカメラは広 ...

続きを読む

2021/2/15

【滝で爆音レビュー】Soundcore Life A2 NCのノイズキャンセリングで滝の爆音に勝てるか?

以前紹介したSoundcore Life A2 NC。   このイヤホンはノイズキャンセリングイヤホン。 なので、過酷な状況でもどの程度ノイズをキャンセルしてくれるのかって気になりませんか?   私はこういうのめっちゃ気になります。   そこで今回はこんな方むけの記事。 ぶっちゃけSoundcore Life A2 NCって滝のような爆音でもノイズキャンセリングできるの?   OK です。 今回も自腹購入しているので、この問題を掘り下げていきます。   S ...

続きを読む

ガジェット サイクリング 生活改善

【自腹レビュー】ハイガーのスピンバイクはなぜおすすめなのか?

以前ハイガーのスピンバイクを購入レビューしました。

このときに思ったのが、ハイガーなかなかまともだし、結構すごいんじゃないか?という事です。

 

そこで今回はこんな方向けの記事です

ハイガーのスピンバイクって、人気あるけど他社に比べてなぜおすすめなの?

その疑問非常によくわかります。

たしかに乱立するスピンバイク市場でなぜハイガーが人気なのか、なぜおすすめなのか気になるところですね。

 

自腹購入してありますので解説していきます。購入してるのはコイツです。

※追記 どうしたんだ?ってレベルのスピンバイクがハイガーから発売されてますので、検証しました。

 

ちなみに4万円以下のスピンバイクで検討した結果おススメは3機種だけでした。

マンションで夜間乗っても全く問題ない。音がかなり静か。

まず非常に大事なポイントですが、ハイガーのスピンバイクは静音性が高いことが挙げられます

通常こういう器具は使用していると騒音が発生しがちでした。

安いスピンバイクなどは従来いろいろ問題がありました。

 

それは組み立てが精巧でなかったり、設計の作り込みが不十分だったり。騒音が発生してしまう製品がわりと売られてます

はっきり言って他社品は「設計者、ほんとに自社製のスピンバイク使って試してみたのか?」みたいなスピンバイクもあります。

しかしハイガーのスピンバイクなら、とっても静か。

静音性が高いため夜間のマンションで使用しても全く気にする必要がないレベルです。

素晴らしい!

スピンバイクなのに安く買える。

これはかなりうれしい点です。

ハイガーのスピンバイクは価格の高い物理負荷方式(あて布方式)。なのに値段が安い傾向があります。

通常、家庭で使うサイクリングマシンはマグネット式のエアロバイクが多い。

まぁマグネットで負荷をかける方が調整も簡単だし、実はコストが低いからですね。

へぇ~そうなんだ。じゃあハイガーはどんな方式?

一方ハイガーのスピンバイクは物理負荷方式のあて布方式。摩擦で負荷をかけるスタイル。

このあて布方式は業務用のクラスのスピンバイクに使われたりします

後述しますがあて布方式はとても優れた方式です。しかし実際に前輪が回っておりその分コストも高いわけです。

 

あて布方式のハイガーは連続使用時間の制限がない。

この方式の良い点は、スピンバイクの連続使用時間に制限がないことです。

一方マグネット式は連続使用30分の上限があります。その理由はマグネット式の弱点である「熱で劣化して破損」です。

 

それを防ぐためマグネット方式は、熱を帯びないギリギリの時間である30分を上限にしてきました。

そのため「連続使用は30分まで」という制限が存在するわけです。

しかし実際に使うとわかりますが、30分で終了の制限はかなり鬱陶しいです。(体験談)

30分でやっと調子がのってきたのに、トレーニング強制終了ですと!信じられん

多くの人がこうなるわけですね。

そのため、使用制限時間の無いあて布方式(ハイガーの方式)を選びたいところ。

 

とは言え、あて布方式はコストが高い。つまり製品の値段が高くなりがちという問題がこれまでありました

しかしハイガーのおかげで、あて布方式のスピンバイクが安価で手に入るようになりました。

やるやんハイガー!

 

万が一の返品交換の際も対応がスムーズ!

他社も含めてスピンバイクのレビューを見てると気になるのが、初期不具合交換がたまに発生していること。

まぁ品質不良は一定の率で発生するので仕方ない。

 

問題は返品交換が簡単にできるのか?ということ。

返品を渋られたら面倒だし、まともなメーカーを選びたいところです。

かくいう私も一度はハイガーに交換を依頼したことがあります。

その時の対応は非常にスムーズでした。たったこれだけ↓で完了しました。

 

 ①交換依頼をする

⇒②理由を記載する

⇒すぐ交換対応

食い下がられたり、渋られたりなどの駆け引きは一切ありませんでした。

企業姿勢としてはかなり安心できます。

 

部屋を安価にジム化できて、部屋で有酸素運動可能になる。

部屋をジム化すると非常に捗る件を以前記事にしました。

スピンバイクのおかげで、部屋ジム化の中でも厄介だった、有酸素運動をするという問題もクリア可能です。

 

部屋に静音性の高いスピンバイクを置き、あとはひたすらマシンを漕ぐだけです。

ハイガーのおかげで「静音性の高いスピンバイクは値段が高くて無理!」という人も、手が届くようになりましたね。

楽天かYAHOOで買うとお得なことが多い

ハイガーのスピンバイクでおススメの買い方は楽天かYAHOOで買うことです。

Amazonでも購入できますが、割引割合を考えるとYAHOOや楽天の「0か5のつく日」で買いましょう。

 

これでキャンペーンの恩恵を最大限受けられますね。かなり安く買えそう!

まとめ

ハイガーのスピンバイクがなぜおススメかを紹介しました。

長く使えるし、サポートも安心感あるしかなりおすすめできますね。

今回の記事でハイガーのスピンバイクを買うなら、一番安いのはどこか?も判明しましたね。

 

寒い季節・雨・平日帰宅後・外出自粛など、ちょっとでも面倒だと有酸素運動は継続しづらくなります。

そういう状況を排除できるので、部屋にスピンバイクをおけば日常に有酸素運動をカンタンに組み込めます

最近追加になった、こちらのスピンバイクも検証しています

 

ちなみに4万円以下でおススメできるスピンバイクは数少ないこれら↓の機種です

PR

-ガジェット, サイクリング, 生活改善

Copyright© Wktkこんぱす , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.