2020/9/6

打倒ハイガー産業!アルインコのプログラムバイクAFB7219がもはやAIスピンバイクな件

アルインコという会社をご存知でしょうか。 この会社は以前から紹介してるハイガー産業と同じように、スピンバイクを販売してます。   私もスピンバイクが大好きなんで色々見てます。 でも基本的にはハイガー産業の方が 製品魅力が高いことが多いです。   しかし今回そのアルインコが、かなり衝撃的な製品を出してきました。 今回はこんな方向けの記事です。 普通のスピンバイクではなくて面白味のあるスピンバイクってないかなぁ?     OK です。 アルインコが出して来たスピンバイクがとても魅 ...

続きを読む

2020/9/4

ハイガーのスピンバイク HG-YX-5006SがリニューアルしてNEWカラーが超カッコいい件

大好きすぎて常にウォッチしているハイガー産業のスピンバイク。 自腹でも購入して毎日使っています。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   さてそんなハイガーのスピンバイクですが、以前値付けがおかしいくらい安いHG-YX-5006Sを紹介しました。   さてそのHG-YX-5006Sが、なんとリニューアルしたわけです! まぁちょっとしたリニューアルだろと思ってました。 ページを開いてみたら「おッ!!」となったので紹介です。   この記事は ...

続きを読む

2020/8/27

【ついに無音へ!】ハイガー産業から無音スピンバイク HG-Y700が発売された!

以前から愛用してるハイガー産業のスピンバイク。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   現在のコロナ下でもジムに行かずに有酸素運動できて非常に役に立ってます。   そんな最強のスピンバイクですが、またもやハイガー産業からやばいスピンバイクが出ています。   今回はこんな方向けの記事です。 スピンバイク欲しいんだけど、やっぱり音が気になる。超静かなスピンバイクが欲しい。そんなのないかな?    OK です。 自腹で購入 ...

続きを読む

2020/8/25

【レビュー】渓流でのシマノ スコーピオンBFSによるベイトフィネスが最高に楽しい件

普段ミニベロの記事ばかりですが、渓流イワナ狙いでルアーフィッシングもよくやってます。 ミニベロで走って、渓流まで行き、釣りを楽しむ。   こういう最高の組み合わせを楽しんでるわけです。 さて、今回はロードバイク界隈では有名な「シマノ」が発売しているリール、スコーピオンBFSが超素晴らしかったので紹介です。   この記事はこんな方向けの記事です。 ロードバイクでシマノは有名だけど、釣り具でのシマノってホントにすごいの? または、 スコーピオンBFSの購入で迷ってるんだけど、本当に軽量ルア ...

続きを読む

2020/8/22

【安いのになぜ!?】TERN LINK A7購入してみて感心した件

以前TERN  LINK A7を購入した記事を書きました。 その時思ったのがこれ。 TERN  LINK A7ってかなりすごくなったんじゃないか? ということです。   そこで今回はこんな方向けの記事です。 TERN LINK A7の購入を迷ってるんだけど、他のモデルに比べて安いので作りが悪かったりするのかなぁ? うーんたしかに気になるところですよね。 OKです。自腹購入したので実際どうなのか紹介をしていきましょう。   結論:TERN  LINK A7の作りは良好! まず購入したのは ...

続きを読む

ガジェット キャンプ サイクリング ブロンプトン

【ブロンプトン、KHS、Tern等のミニベロ向け】4輪キャリーカートのゴム紐はここに固定すると安定する

以前から愛用してるミニベロ用の4輪キャリーカート。使えば使うほど感心することが多いし、発見があります。さて今回は4輪キャリーカートのゴム紐周りのちょっと便利な使い方を発見したので紹介していきます。

この記事はこんな問題を解決します。

4輪キャリーカートすごい便利なんだけど、走行中たまに付属のゴム紐が振動で外れることがあるんだよなぁ。いい固定方法ってないかな?

OKです。走行中に外れない固定方法を発見したので紹介しましょう!ちなみに今回利用してるのはコレです。

 

4輪キャリーカートのゴム紐ってどれ?

この付属している紐のことです。

荷物を積んで運んでるときは取っ手に引っ掛けてるので、まず外れないのですが、これを折りたたんで運んでる時に振動で外れてしまうことがあります。

まぁつまりこういう事です。この状態↓ではゴムひもは外れないので大丈夫。

 

しかし折りたたんでこの状態↓で、運んでるときにゴム紐が外れることがある。

なぜでしょうか。その理由はゴム紐のフックの固定場所が悪いからです。

 

注文して届いたときに固定されてる場所がダメ

最初に4輪キャリーカートを注文すると、こんな状態で届きます。

これをひっくり返してみると、フックはここで(矢印部分)固定されてます。そうなるとこう思うわけですね。

なるほど、折りたたみ時はここに固定しておけばいいんだね。

しかし、ちょっと待って下さい。このフック固定用に作られた場所(赤丸部分)が滑りやすく、振動でフックが外れることがあるのです。

じゃあどうすればいいか、外れない場所に固定すればいいわけです

 

取っ手下の溝位置がベストアンサー

いろいろ探した結果、この場所にフックを引っ掛けて固定するのがベストアンサーです。

取っ手下の部分ですね。

この場所がフックを引っかけるのに最適すぎるのです。しっかりと凹凸があるためどれだけ振動与えてもずれないし、外れない。

なぜここをデフォルトの固定部にしないんだ?ってくらい快適!

これで、走行中にゴム紐が外れる自体が一切なくなりました。

結論:4輪キャリーカートのゴム紐はここに固定しよう。

 

まとめ

また4輪キャリーカートが完全体へと近付いてしまいました。そもそも4輪キャリーカートって汎用品なので、いろんな用途に使えるしメーカー問わずミニべロに使えるので便利です。

以前もKHSやブロンプトンに使えるか試してますし、TernのVerge N8にも試してますね。

 

さらに値段も安くて、壊れにくいとかチートすぎてもはやズルい。ぜひ導入をおすすめしたいアイテムです。

他にもキャリーカート記事たくさん書いてるので、併せてこちらもどうぞ。

 

PR

-ガジェット, キャンプ, サイクリング, ブロンプトン

Copyright© Wktkこんぱす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.