2020/9/6

打倒ハイガー産業!アルインコのプログラムバイクAFB7219がもはやAIスピンバイクな件

アルインコという会社をご存知でしょうか。 この会社は以前から紹介してるハイガー産業と同じように、スピンバイクを販売してます。   私もスピンバイクが大好きなんで色々見てます。 でも基本的にはハイガー産業の方が 製品魅力が高いことが多いです。   しかし今回そのアルインコが、かなり衝撃的な製品を出してきました。 今回はこんな方向けの記事です。 普通のスピンバイクではなくて面白味のあるスピンバイクってないかなぁ?     OK です。 アルインコが出して来たスピンバイクがとても魅 ...

続きを読む

2020/9/4

ハイガーのスピンバイク HG-YX-5006SがリニューアルしてNEWカラーが超カッコいい件

大好きすぎて常にウォッチしているハイガー産業のスピンバイク。 自腹でも購入して毎日使っています。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   さてそんなハイガーのスピンバイクですが、以前値付けがおかしいくらい安いHG-YX-5006Sを紹介しました。   さてそのHG-YX-5006Sが、なんとリニューアルしたわけです! まぁちょっとしたリニューアルだろと思ってました。 ページを開いてみたら「おッ!!」となったので紹介です。   この記事は ...

続きを読む

2020/8/27

【ついに無音へ!】ハイガー産業から無音スピンバイク HG-Y700が発売された!

以前から愛用してるハイガー産業のスピンバイク。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   現在のコロナ下でもジムに行かずに有酸素運動できて非常に役に立ってます。   そんな最強のスピンバイクですが、またもやハイガー産業からやばいスピンバイクが出ています。   今回はこんな方向けの記事です。 スピンバイク欲しいんだけど、やっぱり音が気になる。超静かなスピンバイクが欲しい。そんなのないかな?    OK です。 自腹で購入 ...

続きを読む

2020/8/25

【レビュー】渓流でのシマノ スコーピオンBFSによるベイトフィネスが最高に楽しい件

普段ミニベロの記事ばかりですが、渓流イワナ狙いでルアーフィッシングもよくやってます。 ミニベロで走って、渓流まで行き、釣りを楽しむ。   こういう最高の組み合わせを楽しんでるわけです。 さて、今回はロードバイク界隈では有名な「シマノ」が発売しているリール、スコーピオンBFSが超素晴らしかったので紹介です。   この記事はこんな方向けの記事です。 ロードバイクでシマノは有名だけど、釣り具でのシマノってホントにすごいの? または、 スコーピオンBFSの購入で迷ってるんだけど、本当に軽量ルア ...

続きを読む

2020/8/22

【安いのになぜ!?】TERN LINK A7購入してみて感心した件

以前TERN  LINK A7を購入した記事を書きました。 その時思ったのがこれ。 TERN  LINK A7ってかなりすごくなったんじゃないか? ということです。   そこで今回はこんな方向けの記事です。 TERN LINK A7の購入を迷ってるんだけど、他のモデルに比べて安いので作りが悪かったりするのかなぁ? うーんたしかに気になるところですよね。 OKです。自腹購入したので実際どうなのか紹介をしていきましょう。   結論:TERN  LINK A7の作りは良好! まず購入したのは ...

続きを読む

ガジェット サイクリング

【便利すぎ】Ternのラピッドトランジットラックの見た目は受け入れる価値あり

以前から紹介しているラピッドトランジットラック。

かなりいいアイテムなんですが、装着した際の見た目が気になるという方もいるかと思います。

そこで今回はこんな方向けの記事です。

 

ラピッドトランジットラックが気になるんだけど、見た目が野暮ったくなるなぁ。そこまでして装着する意味あるのかなぁ。

なるほど、これは確かに気になるところです。

実際に自腹購入している私の正直な感想をお伝えしましょう。

 

たしかにラピッドトランジットラックの見た目は気になる。

ラピッドトランジットラックについては、購入している人が少なくネット上にレビューを挙げてる人も大変少ない。

そこで自腹購入してみたわけです。

コレですね。

在庫ない場合はこちら↓から。


実際に使ってためまくってる記事です

 

さて装着してみて思うのは、ちょっと見た目でインパクトあるよなぁ。というところです。

ミニベロのホイール部分よりも後ろにキャッスターが出てるので、ちょっと塊感が少なめなのです。

何と言うかちょっと間延びしている感が出てしまう。

 

困った男性
この点はたしかに気になる。

じゃあコレが致命的かというと、そうではありません。

 

見た目の問題は割と慣れる。

最初はちょっと抵抗感がありましたが、意外と慣れてきます。

たとえば私が使っているTern Verge N8は通常かなりスタイリッシュです。

その分ラピッドトランジットラック装着すると違和感も明確です。

ですが使っているうちに受け入れられるもんです。

 

何度も見てるうちに違和感が薄れるというのもありますが、一番大きな理由はコレ。

「利便性が非常に高いから」です。

もっというと「輪行で非常にラクできるから」なんです。

 

利便性やラクという圧倒的なメリットの前では、ちょっとした見た目の違和感は消し飛びます。

どれくらいラクか説明します。

輪行時に担ぎ続けなくてOK

輪行の際にミニベロを担ぎ続けるのは、かなり大変です。

担ぐ輪行をやったことがある人はわかるとか思いますが、「もう二度とやらない(結局またやるんですが)」とか、「ミニベロが重いから、お店によるのはやめとこう」とかよぎってしまうのです。

 

しかし!ラピッドトランジットラックなら、この問題をクリアできます。

なんと言っても、転がせますからね!

しかも転がしの最高峰である4輪です。

4輪の転がしはかなり快適で、何も気にせず引っ張り回せるレベルなのです。

 

どれくらい快適かはコレを読んでみてください。

非常に快適であるという事が、わかったかと思います。

 

そしてこのラピッドトランジットラックのおかげで、今までほぼ空白地帯だったとあるミニベロのジャンルが埋まったわけです。

そのジャンルとは、、、

 

走りに特化系&快適に転がせるミニベロという価値

折りたたみミニベロは数多くあれど、①走りに性能を振っていて②転がせる というミニベロはかなり少ない。(厳密にはあるんですけど値段が高すぎたり、改造沼の果てでの実現や、折りたたみ寸法でかい等で日常で実用できるものが少ない)

しかしラピッドトランジットラックは魔改造でなく、純正のキャリアラック。

「転がせる機能を付加できるパーツ」と考えると割安。

その上、Ternの車体自体も安いため合計でも9万円程度で走れて転がせるミニベロを実現できるわけです。

これはすごい!

かなり快挙だと思います。

実際わたしはTern Verge N8でヒルクライムとかもしているわけですが、複雑な改造とか無しで充分快適に走れます。

(5分でできる改造程度はしている↑)

 

こんな感じでかなり、楽しめるので最高の組み合わせだと思います。

ただし欠点もありまして、ためらう理由はこれでしょうか。

 

欠点:キャリアラックとしては値段が高めである

まぁこれでしょうね。

「快適に転がせる機能を付加できるパーツ」と考えると割安だけど、キャリアラックとして考えると値段が高いのです。

在庫ない場合はこちら↓から。

さすがこの値段で買ってみて、「うーん使い物にならない」とかだと辛すぎるわけです。

だから、購入をためらうのもわかります。

 

困った男性
実際わたしもかなり悩みましたからね。

とは言え、転がせるだけでも充分価値があると思ってますがこれは輪行袋もセットの価格という事を忘れてはいけません。

実際輪行袋をかぶせるとこのようになり、カンタンに輪行モードにできます。

このように一式セットになっているのです。

これで輪行が今後ずっと快適になると思えば、そんなに高い値段じゃないと思っています。

 

それにシンプルな構造で1,2年で壊れるものでもないですしね。

まとめ

ラピッドトランジットラックを購入して、正直な感想を紹介しました。

私は買ってよかったと思ってます。

 

その他にも詳しくレビューを読みたい方はこちらもどうぞ。

PR

-ガジェット, サイクリング

Copyright© Wktkこんぱす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.