2020/9/6

打倒ハイガー産業!アルインコのプログラムバイクAFB7219がもはやAIスピンバイクな件

アルインコという会社をご存知でしょうか。 この会社は以前から紹介してるハイガー産業と同じように、スピンバイクを販売してます。   私もスピンバイクが大好きなんで色々見てます。 でも基本的にはハイガー産業の方が 製品魅力が高いことが多いです。   しかし今回そのアルインコが、かなり衝撃的な製品を出してきました。 今回はこんな方向けの記事です。 普通のスピンバイクではなくて面白味のあるスピンバイクってないかなぁ?     OK です。 アルインコが出して来たスピンバイクがとても魅 ...

続きを読む

2020/9/4

ハイガーのスピンバイク HG-YX-5006SがリニューアルしてNEWカラーが超カッコいい件

大好きすぎて常にウォッチしているハイガー産業のスピンバイク。 自腹でも購入して毎日使っています。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   さてそんなハイガーのスピンバイクですが、以前値付けがおかしいくらい安いHG-YX-5006Sを紹介しました。   さてそのHG-YX-5006Sが、なんとリニューアルしたわけです! まぁちょっとしたリニューアルだろと思ってました。 ページを開いてみたら「おッ!!」となったので紹介です。   この記事は ...

続きを読む

2020/8/27

【ついに無音へ!】ハイガー産業から無音スピンバイク HG-Y700が発売された!

以前から愛用してるハイガー産業のスピンバイク。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   現在のコロナ下でもジムに行かずに有酸素運動できて非常に役に立ってます。   そんな最強のスピンバイクですが、またもやハイガー産業からやばいスピンバイクが出ています。   今回はこんな方向けの記事です。 スピンバイク欲しいんだけど、やっぱり音が気になる。超静かなスピンバイクが欲しい。そんなのないかな?    OK です。 自腹で購入 ...

続きを読む

2020/8/25

【レビュー】渓流でのシマノ スコーピオンBFSによるベイトフィネスが最高に楽しい件

普段ミニベロの記事ばかりですが、渓流イワナ狙いでルアーフィッシングもよくやってます。 ミニベロで走って、渓流まで行き、釣りを楽しむ。   こういう最高の組み合わせを楽しんでるわけです。 さて、今回はロードバイク界隈では有名な「シマノ」が発売しているリール、スコーピオンBFSが超素晴らしかったので紹介です。   この記事はこんな方向けの記事です。 ロードバイクでシマノは有名だけど、釣り具でのシマノってホントにすごいの? または、 スコーピオンBFSの購入で迷ってるんだけど、本当に軽量ルア ...

続きを読む

2020/8/22

【安いのになぜ!?】TERN LINK A7購入してみて感心した件

以前TERN  LINK A7を購入した記事を書きました。 その時思ったのがこれ。 TERN  LINK A7ってかなりすごくなったんじゃないか? ということです。   そこで今回はこんな方向けの記事です。 TERN LINK A7の購入を迷ってるんだけど、他のモデルに比べて安いので作りが悪かったりするのかなぁ? うーんたしかに気になるところですよね。 OKです。自腹購入したので実際どうなのか紹介をしていきましょう。   結論:TERN  LINK A7の作りは良好! まず購入したのは ...

続きを読む

ガジェット サイクリング ブロンプトン

【安いのになぜ!?】TERN LINK A7購入してみて感心した件

以前TERN  LINK A7を購入した記事を書きました。

その時思ったのがこれ。

TERN  LINK A7ってかなりすごくなったんじゃないか?

ということです。

 

そこで今回はこんな方向けの記事です。

TERN LINK A7の購入を迷ってるんだけど、他のモデルに比べて安いので作りが悪かったりするのかなぁ?

うーんたしかに気になるところですよね。

OKです。自腹購入したので実際どうなのか紹介をしていきましょう。

 

結論:TERN  LINK A7の作りは良好!

まず購入したのはコレです。

さて最初に結論です。

TERN LINK A7の品質は非常に良いです。

というのも、安全上重要な部分はしっかりと実装されてコストカットされてないからです。

所有する上位モデルのVerge N8と比較しても充分なスペックです。

 

どういうことか説明していきましょう。

 

LINK A7にロック解除防止パーツが実装されてる

折りたたみ自転車において、もっとも懸念されるのが折りたたみ部分です。

折りたたみ自転車は、折りたたみ部分がウィークポイント

なのでこの箇所を見れば、そのメーカーの本気度がわかります。

 

さて、LINK A7はどうでしょうか。

注目すべきはココです。

この箇所は、LINK A7フレームの折りたたみ固定パーツが集合してます。

 

まずこのパーツの強度が重要

実際なんども折りたたみしてますが、ゆるみやガタつきなく安心感があります。

さすがTERN製ですね

 

で、このレバーパーツも重要なんですがもっと重要なのがコレ。

 

ロック解除防止パーツまで付いてる!

ロック解除防止パーツが重要です

コレが固定されてる状態だとレバーパーツが物理的に開かなくなります。

 

下に倒すことでロック解除防止(二重ロック)になる\(^o^)/

 

これがあるおかげで、走行中になんらかの理由でレバーパーツに力がかかっても解除されない

つまり予想外の折りたたみが発生しないわけです。

 

走行中に折りたたみが発生したら大惨事ですからね

このパーツが付いてるのが超ありがたい!

てっきりVerge N8とかの上位モデルだけに実装されてるものだと思ってました。

 

しかし違いました。

廉価モデルのLINK A7にまでロック解除防止パーツが付いてるあたり、TERN社の誠実さを感じます。

このパーツって付いてるメーカーが少ないんですよ

だからイイ意味で、感心しました。

 

泥除けの形状もデザイン◎ 安っぽさなし

LINK A7には泥除けが標準装備です。

買う前はこう思ってました。

泥除けが付いてても、ダサいだろうからすぐ外そう。。。。

 

しかし!実物を見て考えが変わりました

あれ?付属の泥除けデザインカッコよいじゃん!

 

そうなんですよ、デザインがカッコいいんです

改めてホイール周りに注目して見てください。

黑めホイールに、黒い泥除けなので違和感なく足回りがキリっと引き締まる

 

しかも注目してほしいのが、泥除けの形状。

よくみると、湾曲したよくある半円状ではなく、カクついてる多面カットです。

 

ダイヤモンド等をカットするときのような、多面カット風でカッコいい!

エッジを残したカットにこだわりを感じますね。

 

泥除けがここまでデザイン映えしてるのを初めてみました。

泥除け否定派だった私も、これはアリ

 

さて、ここでふと思い出してほしいんですが、LINK A7は廉価モデルのはず。

これほどまでに、注力しているとかTERN社やりすぎだと思います。

 

LINK A7はコスパ抜群&大盤振る舞い

これほどこだわってコストかかっているのにLINK A7はかなり安い

TERN社どうなってんだって話ですが、安いのだから仕方ない。

 

他社の類似クラスに比べても割安。

実際コスパ抜群すぎて、実家用として自腹で買っちゃいましたからね。

ここまで安い理由はエントリーモデルとして、TERN社のファンになってもらうためのモデルだから

これでTERN社スゴイ!ってなってもらって上位モデルに移行させる戦略。

そのための大盤振る舞いモデルと言ったところですね。

 

こういうモデルを発見できると、めっちゃお得なので消費者としてラッキーです。

 

まとめ

2019年や2020年モデルは見た目も洗練されてるし、クオリティも高い。

そこに安さが加わって、おかしいことになってます。

消費者にファンになってもらうための、大盤振る舞いモデルと言えます。

我々、買う側としてはラッキーなモデルなので活用させていただきましょう。

 

ちなみに転がし輪行をしたい方は、キャスターつきのパーツを買うと超幸せになれます。

在庫ない場合はこちら↓から。

レビューもありますのでどうぞ。

 

 

PR

-ガジェット, サイクリング, ブロンプトン

Copyright© Wktkこんぱす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.