2021/4/3

【ブロンプトンやその他ミニベロ】輪行をラクにするためのアイテムまとめ

輪行は超たのしい。それは間違いない。   でもちょっと大変でもあります。 実はこう思ってませんか?   もうちょっとラクに輪行したなぁ・・・   そこで今回はこんな方向けの記事です。 輪行をラクにするためのアイテムを知りたい!そしてラクしたいけど方法ないかなぁ?   OKです。 全輪行ユーザーの悲願である輪行をラクにする方法を紹介していきます。   キャリーカート まず圧倒的にキャリーカートが便利です。 リンク   というのも、転がし輪行が可能に ...

続きを読む

2021/4/2

【20速×転がし輪行】KHS-F20シリーズにRapid transit rackが装着できるっぽい件

どうもwktkです 最近あたたかくなって、輪行びよりになってきましたね。   こういう日は、ガーッっと思いっきりタイヤをぶん回したくなります。 こういう日はKHSのF20RCが活躍しますね。   さてこのミニベロ、かなり走りが良いんですが輪行がちょっと大変でした。 そこで今回はこんな方向けの記事。   KHSのF20を転がし輪行できる方法はないだろうか・・・?   たしかにこのF20RCシリーズは超良く走ります。 なので、この問題を解決する価値はかなりある。 &nb ...

続きを読む

2021/3/31

【レビューあり】ブロンプトンを買う勇気がでない人向けの記事

ブロンプトンはお値段が高い。 はっきり言って異常な高さ。   そのため、こういう人もいるわけです。 困った男性ブロンプトンが高すぎて、買う勇気が出ないよ・・・・   うーん、そうですよね。 ふつうに考えて、自転車に10万円越えの金額は異常。   こういう悩みがあるのもうなづけます。 そこで今回はこんな方向けの記事です。 ブロンプトンを買う勇気がない。どうしたらいいんだろう・・・・?   OKです。 この問題を深堀しつつ解決しましょう。   ブロンプトンの値 ...

続きを読む

2021/3/27

【続かない問題】haigeスピンバイクで「ながら運動」のおススメ

スピンバイクが続かない。 そういう人は意外と多い。   スピンバイクを自腹購入して、2年くらい活用しているwktkです。 わたしはすでにスピンバイクを趣味化して習慣化できました。 でも意外とそこまで軌道に乗らないって人も多い。   そこで今回はこんな問題を解決します。   困った男性スピンバイクがぜんぜん続かない! または スピンバイク買っても習慣化できなかったら困るなぁ。。。良い方法を知りたいなぁ   OKです。 習慣化するための超かんたんな方法を紹介します。 ち ...

続きを読む

2021/3/27

【購入者の視点】車無しでカヤックフィッシングするならどれを買うのがおススメか?

カヤックフィッシング。 釣り好きなら、憧れますよね。 いままでカヤックを導入するのは、かなり敷居が高かった。 運ぶための大きな車が必要で、キャリアも設置しなくてはいけないですからね。。。。   しかし最近はその敷居も非常に下がってきました。 とはいえ、カヤックはショボい物からまともな物まで混在しています。   そこで今回はこんな方向けの記事です。 カヤックフィッシングをしたいんだけど車は持ってない。気軽に楽しめてまともなカヤックってないかなぁ? OKです。 わたしもこの条件↑で探して自 ...

続きを読む

ガジェット キャンプ サイクリング ブロンプトン ワークマン 生活改善

【ユニクロ、ワークマン該当なし】2021年で選ぶべき全身版の電熱ウェア(ヒーターベスト&ズボンおよびその他)まとめ【自腹レビュー】

2021年の冬は異常に寒い。。。

 

かくいう私も住んでるエリアが、山間部なんで寒さ直撃の日々です。

さて私は寒さがキライなので、文明の利器の力で寒さを駆逐する事にしています。

 

ん?文明の利器って何買って?

それは電熱ヒーターベストを筆頭として、近年たくさん発売されてる電熱ウェアです!

 

しかしたくさん発売されすぎて、質の悪いモノも良いモノも市場に混在しています

そこで、今回はこんな方向けの記事。

電熱ヒーターウェアって現状、どれを買えばいいんだ?とりあえず全身分どれを選んだらいいか知りたいなぁ?

 

OKです。

電熱ヒーターウェアにハマって買いまくってる私が、現状選ぶべき電熱ウェアを紹介していきます!

※ちなみにそれぞれに適応するバッテリーは文末に載せておきます。

 

ワークマン、ユニクロは・・・・電熱ウェアに関しては劣勢

まず電熱ウェアと言えば、ワークマン。

最初に電熱ウェアと出会ったのもワークマンでした。

 

でもワークマンの電熱ウェア2021年現在では、スペックが見劣りします。

後述しますが、最新の他社製ヒーターベストはヒーター9個

一方、ワークマンはヒーターが2個です。

スペック差がヤバい・・・・・!

かなりの劣勢なんです。

 

一方、ユニクロはどうかと言うと・・・?

ユニクロ:「シーン・・・・・」

ユニクロは完全に沈黙しています。

 

電熱ウェアに関しては見ぬふりをするスタンス。

残念ながらユニクロからは電熱ウェアは出ないでしょうね

 

というわけでワークマンとユニクロはちょっと戦力外な状況です。

しかし他社製の電熱ウェアがかなり頑張っています!

 

なので、実際に使って温かく、安全かつ壊れなかった電熱ウェアのみ紹介していきます。

 

上半身:仕事用電熱ベスト

まずは上半身からです。

電熱ベストなら、コレがかなりおススメでした。

 

というのも、非常にあったかいのです。

そのように言うと、こう思うかも。

電熱ベストが暖かいと言うと当たり前じゃないの?

 

しかしながら、品質がまともな電熱ベストがそう多くはありません。

2年の長期レビューに耐えうるクオリティであることを確認しました。

 

コレなら、充分実用的ですね!

 

しかも首回りがVネックになっている事から、仕事などでもこっそり着れます

仕事場が寒いって人にはうってつけですね!(弊社です・・・)

 

電熱マフラー→ハイネック型の電熱ベストで代用

冬になると特に寒いのが首回り。

ほとんどの人は冬になるとマフラーを巻くはず。

 

そこで思うのがコレ。

マフラーも電熱ヒーターだったら暖かいだろうなぁ・・・

そう、そのためこういうの買いたくなる。


でもちょっと待って下さい。

 

首回りの温かさが欲しいなら、コレがイイです。

レビューも書いてます

なぜこれが良いか。

それは首回りにもヒーターが付いてるからです。

これのおかげで、首回りがしっかり暖かい!

 

なので、このハイネック型のヒーターベストがあれば基本的には電熱マフラー不要だと思います。

 

何らかの理由でベストを着れない状況って人は、電熱マフラーを利用すればよいですね

 

電熱グローブ

冬の手先の冷えっぷりは尋常じゃない。

マジであっという間に手が冷えますからね。

なので、こう思うわけです。

困った男性
電熱ヒーターグローブがあればなぁ・・・・

こう思うのは当然です。

 

で、いろいろ調べた結果まともなヒーターグローブだったのがコレです。

 

レビューも書いてます

 

ブロンプトン等の冬サイクリングなどでも相性抜群です!

 

冬のサイクリングは手が冷えると苦痛ですからね。

でもヒーターグローブであれば、熱源そのものなわけです。

手がかじかむ事が皆無になるので超快適です!

 

下半身:電熱ヒーターズボン

ここからは下半身版です。

ヒーターベストがあれば、当然ヒーターズボンもあります。

しかしヒーターズボンには地雷製品が存在します

 

詳しくはこの記事を見てください。

わりと買っちゃいけないヤツも普通に併売されてて危険・・・・!

はい、気を付けましょう。

 

なので自腹で購入してみてしばらく使いました。

その結果、購入しても大丈夫と言えるのはコレでした。

しっかり暖かいし、壊れたりもしていません。

何より1年保証が付いてくるのが、素晴らしいです


ちなみにもっと温かく履く方法も記事にしています

 

ソックス⇒該当無し

さて、ここまで電熱ウェアが素晴らしい活躍でした。

そうなるとこう思ういます。

足元冷たい・・・そうだ!ここでも電熱ソックスにしよう!

 

まぁそうなりますよね。なのでコレを買いました。

でも結論から言うと、電熱ソックスはダメです。購入すべきではない。

この記事を見てほしいんですが、まだ電熱ソックスは発展途上です。

【レビュー】中華製の電熱ヒーターソックスを自腹購入してみた結果

最近寒いですね。 在宅ワークをしていますが、その時に寒いのが足元です。   在宅ワークで座ってばっかりだと体に悪いため、立って仕事をしています。   そうなると常に地面に接している ...

続きを見る

設計思想はイイんですがね、、、、

 

ソックスなどのインナー系はまだまだ途上だなという気がしますね。

なので、ソックスはワークマンの温かいソックスがおススメ。

トウガラシのカプサイシンを練りこんでて暖かい!

 

こういう、アナログなやり方も好きですw

 

対応バッテリー

バッテリー選びは結構重要です。

なぜなら電熱ヒーターウェアはかなり電池を使うからです。

少ない容量だと、すぐ電池切れしちゃいます。

 

さらに長時間使うのでバッテリー自身にも負荷が高い。

 

なので、名のあるメーカーのバッテリーを選ぶべきです。

無名メーカーのバッテリーは破損のリスクあるので危険

 

上記2つの条件を満たしているバッテリーはコレです。

ちなみに今回紹介したソックス以外のすべての電熱ウェアに、以下紹介のバッテリーは利用できました

 

候補①:13000㎃(ミリアンペア)⇒ヒーター強で6時間程度持もつ

軽めのバッテリーがイイって人はコレがおススメ。

3年以上の長期利用をしましたが、破損や不具合なくかなり信頼できます

 

 

 

20000ミリ⇒ヒーター強で10時間程度持もつ

こちらはフィリップス製のバッテリー。

10時間という超長時間のあったかさは正義。

 

外にいる間のほとんどをカバーできるほどのパワー。

急速充電機も付属としてついてきてお得すぎるので、1台持っておくと捗ります。

 

まとめ

どの電熱ウェアを選べば良いか、わかったかと思います。

適切な電熱ウェアを選べば、長期にわたり長く愛用できます。

中国製でもまともなモノを選べば、壊れないんだね!

まともな電熱ウェアをどんどん活用して、寒い冬を乗り切りましょう

 

PR

-ガジェット, キャンプ, サイクリング, ブロンプトン, ワークマン, 生活改善

Copyright© Wktkこんぱす , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.