2022/3/2

リコー THETA X(シータX)ついにあの360度カメラが期待のアレ対応!これなら高満足度イけるで!

どうもwktkです。 リコーのTheta(シータ)というカメラをご存知でしょうか。コレは360°の撮影ができるかなり際立ったカメラです。 このシリーズかなり面白くて、以前から注目しています。 リコー 360度カメラTHETA SC2があるブロンプトンライドは1ライド2度おいしい!【PR】 そこで今回はこんな方向けの記事。リコーの360度カメラ、シータの新機種がまた出るらしいんだけど、期待できるのかなぁ? OK です。この問題を深堀りしつつ解説しましょう。   RICOH THETA ってこんなカ ...

続きを読む

2022/2/27

【少ない】部屋に置きたいデザインがオシャレ&かっこいいスピンバイクまとめ

どうも、自転車大好き wktk です。 自転車大好きすぎてスピンバイクなんかもハマっています。 スピンバイクは安いとは言えない。でもおすすめする価値は十分にある理由   スピンバイクのデザインはメーカーごとに千差万別。 しかしほとんどのメーカーにいえる事がコレ。 なんかデザインがゴチャゴチャしている製品多くない?      そこで今回はこんな方向けの記事 部屋に置いてもインテリアとして映える。そんなオシャレでかっこいいスピンバイクが欲しいなぁ。 oK です。スピンバイクを自腹 ...

続きを読む

2022/3/1

ハイガー産業HG-YX-5006は他のスピンバイクと比べてどこがオススメか。

どうもスピンバイク大好きワクテカです。 大好きすぎて、自腹で購入し手ウォッチしまくっています。 スピンバイクは安いとは言えない。でもおすすめする価値は十分にある理由     そこで今回はこんな方向けの記事。スピンバイクのHG-YX-5006は他のスピンバイクと比べてどんな点がオススメなんだろう? oK です。スピンバイクを自腹購入している私が、深堀りしつつ解説します。 HG-YX-5006はこんなスピンバイク。 まずこれがHG-YX-5006。 スピンバイク デジタル計測付き \1年保 ...

続きを読む

2022/2/26

【寒さ対策】ヘリノックスチェア用の電熱ヒーター売ってるやん!冬アウトドアキャンプ向け!

寒いけどキャンプがしたい。。。 冬キャンプは寒いけど、魅力があります。   何と言うか凛とした寒さが心地良いんです。 とは言えども、それが長時間になると話が変わってきます。 困った男性さ、さむすぎる・・・・!   そう、当たり前ですが真冬の寒さは半端ない。 真冬の寒さの前ではオシャレもカッコよさも吹っ飛ぶのです。   じゃあ冬キャンプは諦めないといけないのか?と言われるとそうではありません。 そこで今回はこんな方向けの記事 冬キャンプは準備とか動き回ってるときは暖かいんだけど ...

続きを読む

2022/2/24

ハリークインの電動自転車portable e bikeは評判期待できる。ジェネリック電動ブロンプトンだろ。

どうも折りたたみ自転車大好き wktk です 折りたたみ自転車大好きすぎて、折りたたみミニベロを検証しまくっています 【レビュー】20 インチ折りたたみ自転車 TERN LINK B8に乗ってみたけどオススメできるか?   【レビュー】ルノー20インチ 折り畳み自転車 PLATINUM MACH9(プラチナマッハ9)に乗ったら、走りヨシ、デザイン超ヨシ、価格ヨシ! さて、そんな私が以前紹介したハリークイーンの Portable e bike 【レビュー】電動アシスト ハリークイン portabl ...

続きを読む

ガジェット キャンプ サイクリング ブロンプトン

【購入者の視点】車無しでカヤックフィッシングするならどれを買うのがおススメか?

カヤックフィッシング。
釣り好きなら、憧れますよね。

いままでカヤックを導入するのは、かなり敷居が高かった。

運ぶための大きな車が必要で、キャリアも設置しなくてはいけないですからね。。。

 

しかし最近はその敷居も非常に下がってきました。

とはいえ、カヤックはショボい物からまともな物まで混在しています。

 

そこで今回はこんな方向けの記事です。

カヤックフィッシングをしたいんだけど車は持ってない。気軽に楽しめてまともなカヤックってないかなぁ?

OKです。

わたしもこの条件↑で探して自腹購入していますので、深堀りしつつ解決しましょう。

 

【朗報】車無しでもカヤック持ち運び可能。

まず最初にお伝えしたいのはコレ。

車無くてもカヤックは持ち運べます!

 

そんなバカな!?と思うじゃないですか。
でも可能なんですよ。

 

原付や自転車、果ては徒歩でも持ち運び可能です。

原付

どういうことか説明していきましょう。

 

軽量のカヤックがどんどん増えてきた。

カヤックと聞いて何を想像しますか?

ふつうはこういう奴でしょう。

 

でもこういうカヤックは持ち運びが大変。

車の屋根に積み込まないと運べません。

コレを人力で運ぶのはムリ。

 

じゃあどうするかと言うと、軽量で折りたたみのカヤックを導入するのです。

軽量のカヤック?

 

はい、ジャンルで言うと「インフレータブルカヤック」や「パックラフト」というカヤックです。

ちょっと説明していきましょう。

 

インフレータブルカヤックがアンサー

私が購入下のがコレです。

何かと言うと、空気で膨らますタイプのカヤックです。

空気で浮力を保つ仕組みなので軽いのです。

 

でも空気で膨らますと言うと、こういう心配がよぎるかと。

パンクしたらヤバくない?

 

たしかに、水上でパンクして溺れるとか怖すぎ。

 

でも安心してください。

 

このインフレータブルカヤックの底の強度はかなり強い。

ガチガチの硬化ゴムでラバーコーティングされてます。

正直、木の枝や岩などが当たっても貫通するとはおもえません。

それくらい超頑丈で安心!

 

で、コレを車無しでどうやって運ぶのか。
それは原付です

 

これを専用のキャリーバックに入れて背負います。
そのまま原付を運転するだけ。

超シンプル!

きわめてシンプルなんですが、コレで本当に運べます。

非常にコンパクトになるインフレータブルカヤックのおかげですね。

 

車なんていらなかったんだ。

カヤックに車不要という理論が証明されてしまいましたね。

コレでも充分なんですが、さらに軽量のカヤックが存在しますので紹介しておきます。

 

パックラフトという超絶ミラクル軽量タイプ

コレです。

フロンティア(FRONTIER) CW-180 パックラフト 静水用モデル ライトグリーン 13383

パックラフトとうジャンルが存在します。
これも空気で膨らますタイプですね。

 

バックパッカーが登山とかしながら、渓流でラフティングとかを楽しむためのカヤックです。

そのため超絶軽量です。

登山に重くてデカイアイテムは持っていけませんからね。

 

コイツがホントにヤバい。

リュックの中にしまえる程のサイズと重量です。

イチバン小さいタイプで2kg程度。スゴイ軽い!

この軽さはホントにスゴイ。
これなら、原付すら不要で自転車や徒歩でもラクに運べます

やっぱり車は不要なんだね!

しかも軽いだけじゃない。強度についても信頼できます。

 

なんせ激流下りのラフティングで使われたりしていますからね。

軽量&強度がある。。強すぎませんかね?

 

ただし、このパックラフトは風には弱いので海などには向きません。

海は風向きもすぐ変わるので、向いてません。

なのでパックラフトは川や湖などに向いてます。

静水域(流れの無いエリア)の釣りか、流れが一方向である川で使うのが良いですね!

 

ちなみに、静水域でもライフジャケットはちゃんと使いましょう。

思わぬ転覆時に助かりますからね。

安くてまともな浮力があるので、私はコレを購入してます。

笛付 大人用 フローティングベスト フィッシング フィッシングベスト
created by Rinker

 

まとめ

車無しでもフィッシング用のカヤックを導入できることが、わかったかと思います。

カヤックがあれば、これまで行けなかった釣り場にも余裕でアクセスできます。

釣りの幅が劇的に広がるので超たのしいです。

最近は軽量でまともなカヤックも安くなったので、チャレンジをおススメします。

 

PR

-ガジェット, キャンプ, サイクリング, ブロンプトン

Copyright© Wktkこんぱす , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.