2021/2/28

2021年スピンバイクのマグネット式 摩擦式(物理式)で選ぶならこのチョイスがおススメ

スピンバイクの技術革新は早い。   以前からスピンバイクを愛用して自腹購入をしているwktkです。 スピンバイクを買うときに悩まれる方が多いんですが、特に多いのがコレ。   マグネット式と摩擦式(物理負荷方式)のどちらを選ぶべきなんだろう? コレに対する答えは、2020年までは圧倒的に摩擦式(物理負荷方式)でした。   しかし2021年現在だとちょっと回答が異なります。   この問題を深堀しつつ解決していきます。   2020年までは摩擦式(物理負荷方式) ...

続きを読む

2021/2/23

【マジか】2021年 ふるさと納税でハイガーのスピンバイクHG-YX-5006Sがもらえるので急げ!

皆さんふるさと納税ってしてますか?   私は以前紹介したように、がっつりふるさと納税しています。 というのも、かなりお得な制度だからです。   詳しくはこれを読んでみてください。 さてそんなふるさと納税ですが、なんとやばいアイテム発見してしまいました。   それがこれ。 ふるさと納税でハイガースピンバイクが手に入る地域あるやん!   かなりやばいので紹介していきたいと思います。   ふるさと納税ってどんな制度?⇒超お得な制度です さて最初にふるさと納税を知 ...

続きを読む

2021/2/17

【自腹レビュー】低価格で操作性最強イヤホン 使いやすさでNUARL N6に勝るもの無し!

ここ最近の完全ワイヤレスイヤホンの進化はスゴイ。。。   完全ワイヤレスイヤホンの値段が安くなって、だいぶ浸透しましたね。 だんだんと競争も激化しています。 コレなんか低価格帯でもノイズキャンセリング機能搭載してて驚きです。   滝の爆音も騒音キャンセルできるのか?とかも試しています。   さてそんな進化がスゴイ、完全ワイヤレスイヤホン。 もはや完璧か?と思いきや実はまだ問題がありました。   それは、ワイヤレスイヤホンでの操作性ってイマイチじゃないか? という事で ...

続きを読む

2021/2/16

【実使用つかい道レビュー】リコー 360度カメラTHETA SC2はどんな時に使うのがオイシイ使い方か?

360度カメラは楽しい。   以前紹介した360度カメラのTHETA SC2。 かなり面白いのだけど、特殊なカメラであることは間違いない。   そこで今回はこんな方向けの記事 360度カメラ気になるんだけど、買っても使うかなぁ?どういうときに使うとイイんだろう?   OKです。 360度カメラを色々とつかってきた私が、この問題を深堀りしつつ解説します。   360度カメラってなに? まず360度カメラ自体を知らない人のために少し説明。   通常のカメラは広 ...

続きを読む

2021/2/15

【滝で爆音レビュー】Soundcore Life A2 NCのノイズキャンセリングで滝の爆音に勝てるか?

以前紹介したSoundcore Life A2 NC。   このイヤホンはノイズキャンセリングイヤホン。 なので、過酷な状況でもどの程度ノイズをキャンセルしてくれるのかって気になりませんか?   私はこういうのめっちゃ気になります。   そこで今回はこんな方むけの記事。 ぶっちゃけSoundcore Life A2 NCって滝のような爆音でもノイズキャンセリングできるの?   OK です。 今回も自腹購入しているので、この問題を掘り下げていきます。   S ...

続きを読む

キャンプ サイクリング ブロンプトン ワークマン

【ユニクロ極暖超え】ワークマンのHEAT ASSISTタイツがおすすめ。1枚で外出できるレベルで暖かい。

※2020年1月15日ワークマンヒーターベスト記事追記

「ユニクロは肌着をワークマンにOEM生産を依頼した方がいい。。。」。最近ワークマンに肌着を買いに行くたびにこう思います。

 

いきなり辛辣ですいませんが、ワークマンが強すぎてヤバいのです。

特にワークマンが強い季節がある。それが「冬」

 

以前ワークマンでコスパ良すぎるあったかいソックスの記事を書きました。

この時もソックスがユニクロよりも圧倒的に安いのに、すごくて驚きました。

実際みなさんも気になってたようで、毎日かなりの人数に読まれてます。(ちなみにどなたか「NEVERまとめ」にこの記事を貼られたようですが、出典とリンク書いてくれればNEVERに掲載してもらってOKです。)

 

さて今回はまたもやGoodな製品として「ワークマンのタイツ」を発見したので、紹介します。

この記事はこんな方向けの記事です。

 

ワークマンのタイツって暖かいのかな?ユニクロも安いけど実際の情報が知りたいなぁ。

OKです。

今回も自腹で購入してありますので、リアルな感想を紹介していきます。

ちなみに購入したのはこちらです。

 

ワークマンのアイテムが「冬」に超強い理由

まず最初にワークマンの衣服でも、冬服ジャンルは完成度が非常に高い。

その理由を書いておきたい。

なぜワークマンは冬にめっぽう強いかというとコレ。

「ワークマンのメイン顧客層であるガテン系(肉体労働、現場作業者)は寒い環境下で仕事をするから」というわけです。

これとかもモロにそうですよね。

常に厳しい職場環境にさらされており、「寒さ」が仕事場での事故や危険につながるリスクすらあるわけです。

 

つまり「ユニクロよりもより命がかかってる」服なんですよ

命や危険のリスクがチラつくと、企業としても本気を出すため、ワークマンは冬服に尽力するわけです。

な、なるほど。たしかにこれは本気出すわ。

さてでは本題のタイツレビューに移ります。

HEAT ASSISTタイツはかなり分厚い

HEAT ASSISTタイツはぱっと見た感じ普通のタイツです。しかしすごいのは内側

ワークマンのHEAT ASSISTタイツはかなり分厚いのです。重ねて計ってみると2cmほど。つまり片側では1cm程度の厚みがあります。

1cmほどの厚みがあればかなり保温力があります。下に履いてみるとわかりますが風もほぼ通さないし優れものです。

 

内側はフリース起毛で暖かい!

これまで見たタイツの中で一番起毛加工の毛が長いです。そのおかげでマジであったかい。

もはやフリースセーターみたいだよなぁというレベル。この起毛加工のおかげで保温力はかなり高い。ちなみに肌触りも非常に気持ちよいのもステキ。こういう見えない部分も手が込んでて満足度が高い。

 

保温力的に一枚でも出歩けるのでは?⇒いける!(見た目上アウトだけど)

実際に履いて外にでてみました(ベランダで)。すると・・・・1枚でもいけるほどの温かさでした。極寒の雪国とかじゃなければ、1枚でも外に出られるほどの保温性能を感じます。(見た目上でアウトですが。)

 

「極暖」というのはこういうタイツのこと

ユニクロをディスる意図はないんですけど、名前負けしていない極めて暖かいタイツ「極暖」ってワークマンのHEAT ASSISTの事だと思うんですよね。

それに加えてワークマンのほうの名前は「HEAT ASSIST」ですよ、アシスト。謙虚すぎますね。最近過大な広告で、さも凄そうにアピールする宣伝がありますが、そういう興ざめな名称を付けてないところも好感を覚えます。

ワークマンやるやん

値段が安価すぎる。780円ッ!!

安定の安価さ!さすがワークマン!ユニクロにはできないことを平然とやってのける!

という事でこれだけ優れたタイツなのに、やっぱり安い。見てくださいこの価格

値付けがおかしい‼(いい意味で)

いやーすごい安さです。しかもさらに追い打ちをかけるのが、、、「税込み!」

半端ないですね。消費税10%の時代に税込みをやってきますか。奉仕をするというレベルまで到達している気がします。

この企業姿勢の貫き方ッ!!尊い!

ただし、良い点だけだとフェアじゃないんで、弱点も書いておきましょう。

ワークマンタイツの弱点:タイトなズボンの下には履けない。

ワークマンのタイツの強みでもあるのですが、なかなか分厚いです。

そのため普段ギリギリのサイズで履いてるズボンの下には履けないでしょう。

 

例えばスキニーパンツの下に履けるかというと無理だと思います。

ムリに粗探しをすれば、この点がわずかな弱点かなと思います。

まとめ

またワークマンがやってくれましたね。

ソックスだけでなくタイツも優秀。すなわち肌着系に強いという傾向が言えます。

 

あとここまで安いのに満足できるのは驚異的

コスト体制や生産体制が優れてるのだと思います。

これからの季節ワークマンの冬服衣料はマジで要チェックです

 

ユニクロにはできないが、ワークマンなら実現できるのはこんな点↓もあります。

PR

-キャンプ, サイクリング, ブロンプトン, ワークマン

Copyright© Wktkこんぱす , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.