2022/3/2

リコー THETA X(シータX)ついにあの360度カメラが期待のアレ対応!これなら高満足度イけるで!

どうもwktkです。 リコーのTheta(シータ)というカメラをご存知でしょうか。コレは360°の撮影ができるかなり際立ったカメラです。 このシリーズかなり面白くて、以前から注目しています。 リコー 360度カメラTHETA SC2があるブロンプトンライドは1ライド2度おいしい!【PR】 そこで今回はこんな方向けの記事。リコーの360度カメラ、シータの新機種がまた出るらしいんだけど、期待できるのかなぁ? OK です。この問題を深堀りしつつ解説しましょう。   RICOH THETA ってこんなカ ...

続きを読む

2022/2/27

【少ない】部屋に置きたいデザインがオシャレ&かっこいいスピンバイクまとめ

どうも、自転車大好き wktk です。 自転車大好きすぎてスピンバイクなんかもハマっています。 スピンバイクは安いとは言えない。でもおすすめする価値は十分にある理由   スピンバイクのデザインはメーカーごとに千差万別。 しかしほとんどのメーカーにいえる事がコレ。 なんかデザインがゴチャゴチャしている製品多くない?      そこで今回はこんな方向けの記事 部屋に置いてもインテリアとして映える。そんなオシャレでかっこいいスピンバイクが欲しいなぁ。 oK です。スピンバイクを自腹 ...

続きを読む

2022/3/1

ハイガー産業HG-YX-5006は他のスピンバイクと比べてどこがオススメか。

どうもスピンバイク大好きワクテカです。 大好きすぎて、自腹で購入し手ウォッチしまくっています。 スピンバイクは安いとは言えない。でもおすすめする価値は十分にある理由     そこで今回はこんな方向けの記事。スピンバイクのHG-YX-5006は他のスピンバイクと比べてどんな点がオススメなんだろう? oK です。スピンバイクを自腹購入している私が、深堀りしつつ解説します。 HG-YX-5006はこんなスピンバイク。 まずこれがHG-YX-5006。 スピンバイク デジタル計測付き \1年保 ...

続きを読む

2022/2/26

【寒さ対策】ヘリノックスチェア用の電熱ヒーター売ってるやん!冬アウトドアキャンプ向け!

寒いけどキャンプがしたい。。。 冬キャンプは寒いけど、魅力があります。   何と言うか凛とした寒さが心地良いんです。 とは言えども、それが長時間になると話が変わってきます。 困った男性さ、さむすぎる・・・・!   そう、当たり前ですが真冬の寒さは半端ない。 真冬の寒さの前ではオシャレもカッコよさも吹っ飛ぶのです。   じゃあ冬キャンプは諦めないといけないのか?と言われるとそうではありません。 そこで今回はこんな方向けの記事 冬キャンプは準備とか動き回ってるときは暖かいんだけど ...

続きを読む

2022/2/24

ハリークインの電動自転車portable e bikeは評判期待できる。ジェネリック電動ブロンプトンだろ。

どうも折りたたみ自転車大好き wktk です 折りたたみ自転車大好きすぎて、折りたたみミニベロを検証しまくっています 【レビュー】20 インチ折りたたみ自転車 TERN LINK B8に乗ってみたけどオススメできるか?   【レビュー】ルノー20インチ 折り畳み自転車 PLATINUM MACH9(プラチナマッハ9)に乗ったら、走りヨシ、デザイン超ヨシ、価格ヨシ! さて、そんな私が以前紹介したハリークイーンの Portable e bike 【レビュー】電動アシスト ハリークイン portabl ...

続きを読む

wktkな考え方 お得 ガジェット 生活改善 買ってよかった 電熱ヒーターパンツ 電熱ヒーターベスト

【レビュー】買って気が付く電熱パンツと電熱ベストではオススメのバッテリーが違うので解説

どうもwktk(ワクテカ)です。

今年の冬はいつもと違ってかなり寒いと感じてます。

 

そこで電熱パンツや、電熱ベストを活用するわけです。

これらを使うと非常に快適に冬を過ごせます
実際に、雪の降る釣り場で電熱ベストや電熱パンツを着て耐久実使用しました(笑)

かなり活躍してくれました。
さてこれらを長く使ってるうちにそれぞれに向き不向きのバッテリーが存在することに気が付きました。

そこで今回はこんな方向けの記事。

電熱ベスト用や電熱パンツ用のバッテリーを購入したい。どれを選んだらいいんだろう?

oK です。
自腹で購入して散々使いまくっている私。
この問題を深堀りしつつ解説します。

 

電熱ベスト向きのバッテリーとその条件

まず電熱ベスト用として向いているバッテリーを紹介します。

先に結論を言っておくと、電熱ベスト用には以下の2点のどちらかがベスト。

 

フィリップスのモバイルバッテリーは品切れになりがち。

もしも、なければコチラ↓もアリ。

なぜコレをオススメしているかというと、以下の条件を満たしているから。

 

電熱ベスト用として向いてる条件はこれです。

容量:10000 mAh から20000mAh
バッテリー寸法:高さ15 cm 程度まで
重さ:200 g 程度まで
その他: まともなメーカー製

へぇ・・こんな条件があるんですね。でもなんでなんだろう?

 

気になりますよね。

OK!それぞれ少し説明していきます。

 

まず私が推奨している電熱パンツとベストはこれです。

この2つが推奨。それではバッテリーについて解説していきます。

 

容量:10000 mAh から20000mAh

なぜ容量を10000 mAh から20000mAhとしているのか。

その理由はコレ。

最低でも10000 mAh程度ないと、冬の寒い時間帯にバッテリーが切れるから!

これです。

 

冬、特に寒いのは朝と夕方から夜にかけてです。

朝7時から10時ぐらいまでの3時間、夕方16時から20時ぐらいまでの4時間。

その時間帯が寒い。

 

寒さを防ぐためにも合計7時間ぐらいは使いたいわけです。

これを実現するのがおよそ10000 mAh なのです。
そのため最低でも容量:10000 mAhなのです。


まぁ寒がりの私はもっと超時間使いたいので、容量20000mAhを使うことも多いです

このように最低10000mAh、お金に余裕があれば20000のバッテリーを入手したいところです。

 

バッテリー寸法:高さ15 cm 程度まで

バッテリー寸法の高さ指定はどういうことでしょうか。

これ意外と使ってみないと気が付けないポイント。


というのもバッテリーの寸法って結構重要。

バッテリーがデカすぎて電熱ベストのポケットに収まりきらないと、結構ストレスたまるのです

どういうことかというと、大体電熱ベストはバッテリー収納ポケットがあります。

バッテリー収納ポケットに収まるサイズであれば問題ありません。

しかし、収まらない場合はポケットからバッテリーが顔を出します

 

そうなると、実生活でちょっと屈んだ時にバッテリーがすぐ落下します。


困った男性
これがかなりストレス。

更に落下する時にバッテリーケーブルを引っ張ってしまうため、電熱ベストが断線するリスクがあります。

こういうのを避けるために、収納ポケットに収まり易いサイズとして15 cm 以下なのです

 

重さ:300 g 程度まで

この重さ300グラム程度というのは、ストレスを感じないギリギリの重さです。

 

モバイルバッテリーをつかう場合、先ほどのバッテリー収納ポケットにバッテリーをしまうわけです。
その場合、右か左の片側にしまうことになるかと思います。

あまりにバッテリーに重量があると、常に片側だけ重さで下に引っ張られる状況になります。

当然電熱ベストも片側だけ負荷がかかります。

困った男性
この片側だけ重い状態はベストを着用していて結構、気になるのです。

しかし個人的には300 g程度までならば、ギリギリ耐えられるなという感じです。

軽いバッテリーだと今度は容量が足りなくなるので、そこは兼ね合いですね

 

その他: まともなメーカー製

超超超大事なこと。
まともなメーカーのバッテリーを使うことです。

電熱ベストは、バッテリーから供給された電力を熱に変えています
服の内部で熱を発生させているわけですから安全性のリスクは、多少あるわけです。

そのリスクを極力避けるために、まともなメーカー製のバッテリーを使うということです。

バッテリー爆発とかしたらやばいですからね。

というわけでこれらを踏まえた、 実際にオススメできる電熱ベスト用バッテリーを紹介です。

コレです

 

しかしフィリップスのモバイルバッテリーは品切れになりがち。

もしもなければコチラ↓もアリ。

 

ここら辺が電熱ベスト用のバッテリーとして最適だと言えます。

次は電熱パンツ用のバッテリーです。

 

 

電熱ベスト向きのバッテリーとその条件

先に結論を言っておくと、選ぶべきバッテリーはコレ。

 

コンセント一体型がイイって方はこちらもアリ。

 

 

電熱パンツ用として向いてる条件はこれです。

容量:10000 mAh から15000mAh
バッテリー寸法:高さ10cm 程度まで
重さ:200 g 程度まで
その他: まともなメーカー製

先ほどの電熱ベスト用の条件は似ています。
しかしながらちょっとずつ違うわけです。

ここら辺が電熱ベストとは違いますね。


容量の上限:20000mAh→15000mAh
バッテリー寸法:高さ15cm→高さ10cm
重さ:300g→200 g

なぜこのような違いが出るのか。

説明していきましょう。

電熱パンツはバッテリー収納エリアがズボンの外ポケットになります。

このポケットが結構小さい。
そのため大きいバッテリーを使うと、ポケットにしまうにはかなり邪魔です。

一応使えるんですが、かがんだ時とかちょっと足に当たるカンジがあるんですよね

窮屈さを感じたまま使うのはストレス。
そのため少し小さいサイズにして、快適に利用しようというわけです。

一方で電熱パンツの利用時間も犠牲にしないギリギリというのが、10000 mAh から15000mAhなのです。

 

そして以下が、これらを踏まえた電熱パンツ用のおすすめバッテリーです。

 

これをなら快適に電熱パンツを使えますね!

 

まとめ

電熱ベストや電熱パンツ用のバッテリーの紹介でした。
こういうのは使ってみないとなかなか分からない。

そのため、たくさんのモバイルバッテリーを自腹購入してきました。

皆さんには最適解を最短で提供して、無駄遣いしてほしくない。

なので今回の記事を参考にサクッと最適なバッテリーを入手して、快適に冬を乗り切りましょう

他にも電熱パンツや電熱ウェアの記事を書いています


あわせてどうぞ

PR

-wktkな考え方, お得, ガジェット, 生活改善, 買ってよかった, 電熱ヒーターパンツ, 電熱ヒーターベスト

Copyright© Wktkこんぱす , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.